現在のページ(パンくずリスト)
トップ > 太田出版ニュース > 太田出版ニュース詳細

太田出版ニュース

一覧へ戻る

新感覚・幕末維新小説『さなとりょう』特設サイトを公開

2017.2.20/一般書


漫画原作者の谷治宇さんによる、初の幕末時代小説『さなとりょう』刊行を先駆け、特設ページが公開されました。
書店員様の反響コメントが続々届いています!

単行本カバー、および特設ページのイラストレーションは、沙村広明さん。

3月6日(月)搬入発売。全国書店・電子書店でご予約受付中です。

あらすじ:
明治6年(1873年)秋。江戸城掘端に近い桶町の、北辰一刀流千葉道場を訪れた一人の女によって道場主の娘「さな」の災厄は始まった。女はかつてこの道場に通った土佐藩士、坂本龍馬の妻「りょう」と名乗ったが、さなはその龍馬の許嫁だったからだ。決して出会ってはならない二人の女が出会い、やがて、維新の闇に隠された事件の謎と巨大な陰謀が浮かび上がってくる。反目し合いながらも共に真相を追う、二人の前に現れた意外な黒幕の正体とは!?

▼詳細リンク
http://www.ohtabooks.com/sp/sana-ryo/


〈プロフィール〉

谷 治宇(たに はるたか)

1956年滋賀県生まれ。日本大学法学部卒業後、数年の編集者生活を経て、1985年漫画原作者へ転身。本書がはじめての時代小説である。