現在のページ(パンくずリスト)
トップ > 文芸書 > 書籍情報詳細

文芸書

雨ン中の、らくだ

『雨ン中の、らくだ』 著:立川志らく

価格

1400円+税

判型

四六

ページ数

288ページ

ISBNコード

9784778311551

搬入年月日
[?]

2009.2.19
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

編集部より

志らくによる談志。
壮絶なる師弟の物語。

書籍の説明

志らくによる談志。
壮絶なる師弟の物語。

人気落語家・立川志らくが、師匠である立川談志を、談志落語の代表作ともいえる十八席を軸に、あますことなく活写。
「落語とは何か」「落語家はどうあるべきか」という談志の問いを自らに引き受けるべく書き下ろした、立川志らく渾身の一冊です!!

「落語の面白さを知り、談志に惚れ、落語を覚え、挫折し、天狗になり、苦悩し、時には落語をナメ、落語に飽き、しかし落語の凄さに驚愕し、実に密度の濃い落語家人生を歩んできました。そして、誰よりも談志の落語をちゃんと見てきたという自信があるので、この本を書くことができたのだと思います」(志らく)

題字:立川談志/装画:山本容子

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

立川志らく(たてかわ・しらく)
1963年東京生まれ。落語家。1985年立川談志に入門。1995年落語立川流真打昇進。
映画、歌謡曲などにも造詣が深く、映画評論家としても活躍。
近年は劇団・下町ダニーローズを主宰し演劇方面へも進出、高い評価を得ている。
現代落語を代表する落語家のひとり。

〈カテゴリー〉

〈関連作品〉

〈関連ページ〉