現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

ラカンの殺人現場案内

橘明美(訳) スラヴォイ・ジジェク(解説)

『ラカンの殺人現場案内』 著:ヘンリー・ボンド

価格

2400円+税

判型

四六版

ページ数

288ページ

ISBNコード

9784778313241

搬入年月日
[?]

2012.8.29
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

書籍の説明

もしもラカンが刑事だったら?

多数の殺人事件を現場写真から読み解く、実験的かつ知的エンターテインメント!
精神分析学の秀れた研究者にして写真家のヘンリー・ボンドによる殺人現場の精神分析。

殺人現場写真を79点収録
※刺激的な写真が多数含まれていますのでご注意ください

「もしジャック・ラカンが、1950年代初頭に英国に渡って刑事になっていたら、事件解決のために彼自身の理論をどう応用しただろうか? 人間の精神機能に関するラカンの三類型モデルを犯罪捜査に、なかでも殺人現場に残された物的証拠の考察に応用できないか? わたしは三年かけてこの研究に取り組んだ。本書はその成果をまとめたものである」(本書「序論」より抜粋)

【目次】
序論/第1章 確たる証拠/第2章 ラカン派の探偵たち/第3章 倒錯の犯罪現場/第4章 精神病の犯罪現場/第5章 神経症の犯罪現場/あとがき/解説 スラヴォイ・ジジェク

≫メディア掲載情報の登録

〈カテゴリー〉

〈関連作品〉

〈関連ページ〉