現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

実録・中国投資家地獄めぐり

福山庸治(イラスト)

価格

1500円+税

判型

四六判

ページ数

248ページ

ISBNコード

9784778313647

搬入年月日
[?]

2013.5.2
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

デジタル版はこちら!

  • 実録・中国投資家地獄めぐり キンドル版を購入
  • 実録・中国投資家地獄めぐりをYONDEMILLで購入

書籍の説明

二〇一一年四月。日本で行き詰まった編集企画会社社長であるわたしは、自社の3D映像技術に投資してくれる投資家を求めて中国行脚を開始する。
舞い込んだのは「もと国民党将軍」による「清朝の民族資産」からの「八〇〇〇億円の投資話」!?

東京から重慶、上海、マカオに深圳。追い詰められて香港へ。煮ても焼いても食えない中国人投資家たちとの死闘の旅路。右も左も「アィヤー」な中国との仁義なき戦いが、いま、幕を開ける――。

「中国の人々がしばしば、思わず口にする言葉に「アィヤー」というのがある。突然起こった、自分にとってよくない出来事に驚き、がっかりする心情を表現する場合に、中国の人々が頻繁に使う言葉だ。
わたしは、中国の「投資家」と称する奇妙な人々とドップリと付き合い、さんざん振り回され、そのあげく投資契約が実行されず、二三年間営んできた自分の会社を倒産させてしまった。それは、まったく、「アィヤー」なんていってられない深刻な出来事だった。」(本書「プロローグ」より抜粋)

目次

第一章 地獄めぐりの始まり、始まり
第二章 わたしの会社は、なぜ追いつめられたのだろう
第三章 素顔の成金投資家たち
第四章 いよいよ投資契約を結ぶぞ
第五章 いよいよ南寧で「アィヤー」な日々が始まった
第六章 追いつめられて香港、最後の闘い

著者プロフィール

1949年北海道生まれ。1971年より20代をバックパッカーとして、海外での旅に費やす。出版社勤務を経て、1988年編集企画会社オフィスサンサーラを設立。デジタルコンテンツ、裸眼3D映像制作、GISソリューション開発などの社業を継続するも、2011年12月、本書に書かれた理由で、倒産。著書(大嶋まさひろ名義)に『定年バックパッカー読本 団塊は、世界をめざす!』(集英社)、『だから売れた!』(東京書籍)。共著に『ガンディー 魂の言葉』(太田出版)など。現在、新しい図解コンテンツ制作を目的とする「インフォビジュアル研究所」代表。
http://infor-visual.com/

〈カテゴリー〉

〈関連作品〉

〈関連ページ〉