現在のページ(パンくずリスト)
トップ > コミック > 書籍情報詳細

コミック

同人王

株式会社ホップ・ロウ

価格

1600円+税

判型

四六

ページ数

480ページ

ISBNコード

9784778322052

搬入年月日
[?]

2013.7.17
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

電子版発売

2014.3.05-

書籍の説明

体力もない。人づきあいも苦手。マンガの才能まで否定され、人生のどん底でタケオは決意する。

「俺は同人王になるために生まれたのだ! 」……。

2006年、アマチュア漫画投稿サイト『新都社』で投稿連載が開始され、2010年に完結、2012年『電脳マヴォ』で人気を博した幻のウェブ漫画、奇跡の書籍化! 冷暖房完備、PC回線で外界とつながる 「現代のトキワ荘(実家)」で繰り広げられる、「人(ニート)」が「人(壁)」になるまでの抱腹絶倒の地獄巡り! !

【電子書籍について】
弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、電子書籍専門サイトHongram[ホングラム]でチェックできます。

目次

押見修造(『惡の華』作者)、感動! ! ! ! ! ! ! !
「持つものも持たざるものも、誰もが欠落を抱えている。完璧なものはこの世に何一つ無い。人生に一発逆転は無い。それでも世界は美しい。」


地上最強のウェブ漫画誌『電脳マヴォ』が発信する単行本第1弾! !

「過去30年間に読んだ漫画の中で一番おもしろかった。おもしろいって最強だな。」(『電脳マヴォ』編集長・竹熊健太郎)

「ここに描かれているタケオの葛藤も、肉便器先生の欠落感も、たしかに身に覚えのあるものでした。他人に依存して、自分の欠落から逃げようとする。だからこそ、その二人が自分のカラを破って外に出ようとする姿に感動しました。僕は狭義のオタクじゃないので、同人界のこととかは知らないですが、それ抜きで読んでも青春漫画としておもしろかったです。」(押見修造)

著者プロフィール

1982年生まれ。埼玉県在住。男性。
1997年ごろより漫画家を志し、10年以上にわたり出版社へ持ちこみを行うも、画力不足などで芽が出ず。
ウェブ漫画の黎明期である2002年、自サイト『フリーソフト超激辛ゲームレビュー』にて息抜きの漫画『激辛のアレ(仮)』を発表。予想外に好評を博し、以後は持ちこみと並行してウェブ漫画や同人イベントで活動。
2005年~2006年、ウェブ漫画サイト『週刊少年ワロス』にて『ゼクウ』等を発表。
2006年末にてウェブ漫画サイト『新都社』にて『同人王』を発表し、大きな反響を呼んだ。紆余曲折を経て約4年後に完結。
2011年からパソコン誌『iP!』にてコラム漫画『ネット超偉人伝』を連載。1年半後に完結。念願の初商業連載となった。
2012年8月~2013年3月、無料ウェブ漫画誌『電脳マヴォ』で『同人王』連載。
好きな力士は隆の山。
http://dojinoh.com

著者からのメッセージ

「俺は同人王になるために生まれたのだ! 」