太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 阿佐ヶ谷で「サラリーマン漫画」を語るイベント

コミック

阿佐ヶ谷で「サラリーマン漫画」を語るイベント

明日9月4日(土)、阿佐ヶ谷で「夜のプロトコル『会社員中心的世界と柳沢きみおの憂鬱』」が開催される。

「夜のプロトコル」は、阿佐ヶ谷ロフトAにて月1回のペースで行われているトークイベント。出版業界を中心に活躍する面々の主催により、2009年3月の開始以来、ゲスト講師と共に、旬なテーマを語り合う形式で続けられている。

今回取り上げられるのは、webサイト『インサイター』を運営する、真実一郎のデビュー作となる新書『サラリーマン漫画の戦後史』(洋泉社)。8月に発売されたばかりの本作は、『美味しんぼ』から『島耕作』、『働きマン』など、サラリーマン漫画を通して見える社会変化に注目した意欲作。ちなみに、イベントのタイトルである「柳沢きみお」は、『特命係長只野仁』の作者名。

登壇するのは、真実一郎に加え、編集者、ライターであり、本イベントの主催者でもある速水健朗。そしてゲストに日経ビジネスオンラインプロデューサーの柳瀬博一を迎え、同書ではあまり触れられていなかった、漫画以外のメディアにおけるサラリーマン像にも言及、考察するとのこと。

開催日時は明日、夜ではなく13:00~15:30(開場12:00)。入場料は、前売り1500円、当日2000円、共に飲食代別となっている。主催の速水が「見所は、プレゼンのプロであるサラリーマンの真実一郎さんが、パワーポイントでサラリーマン史を紹介するところ。これは見逃せません。」と語る本イベント、予約方法などの詳細は、下記公式サイトを参照されたい。(文中敬称略)

(この画像はスクリーンショットです)

【関連リンク】
夜のプロトコルBLOG
阿佐ヶ谷ロフトA
インサイター

【関連記事】
水木しげる米寿記念「ゲゲゲ展」銀座で開催
ドラえもんのひみつ道具を体験できる科学展
大宮エリー、USTでスナック開業中


【関連カテゴリ】
コミック

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

雑誌カテゴリー

特集カテゴリー

ARCHIVE

人気の記事

TWITTER