太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 全米最優秀ドキュメンタリー賞『ハーブ&ドロシー』公開迫る

映画

全米最優秀ドキュメンタリー賞『ハーブ&ドロシー』公開迫る

全米で最優秀ドキュメンタリー賞、観客賞など多数受賞した映画『ハーブ&ドロシー』が、11月13日(土)から公開される。

『ハーブ&ドロシー』は、実在する現代アートコレクター、郵便局員のハーバート・ヴォーゲルと図書館司書のドロシー・ヴォーゲル夫妻を追ったドキュメンタリー映画。公務員の2人が、慎ましい30年間の生活で買い集めた作品はなんと2000点以上。それらはいつしか、20世紀のアート史に名を残す作品ばかりになり、アメリカ国立美術館からも寄贈の依頼がかかることに。

ごく普通の老夫婦であるふたりは、いかにして現代アートを集めてきたか? 寄贈の依頼にどう応えるのか? ふたりの存在は全米に知られることとなり、一躍有名人になった今も、変わらぬ生活を続けている。その様子を、ニューヨーク在住の佐々木芽生監督が単身ハンディカムで撮り始めた『ハーブ&ドロシー』は、口コミによってその感動が広まり、ニューヨークで17週のロングランを記録。全米最優秀ドキュメンタリー賞、観客賞などを受賞するに至った。

待望の日本公開を前にした11日、青山学院大学総合文化政策学部の授業の一環として、佐々木芽生監督と映画『カケラ』などで知られる安藤モモ子監督の参加無料のトークイベントが行われる。他、公開初日・13日の舞台挨拶や、14日に代官山ホテル「LLOVE」でトークショーを行うなど、イベントも目白押し。たった一人で映画をつくり、プロデューサーの役割まで手がける佐々木監督の、本作への想いを聞くことができるだろう。

『ハーブ&ドロシー』は、渋谷シアターイメージフォーラムを皮切りに全国で順次ロードショー。詳細は、下記公式サイトまで。

(※この画像はサイトのスクリーンショットです。)

【関連リンク】
Herb & Dorothy ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
佐々木芽生監督×安藤モモ子監督 TALKSHOW
映画「ハーブ&ドロシー」 Twitter公式アカウント


【関連記事】
北尾トロの裁判傍聴のベストセラーが映画に
阪神大震災を描いたNHKドラマが劇場公開
幻のマーティが演じるBTTF映像初公開

【関連カテゴリ】
映画

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事