太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 早逝の伝説的黒人芸術家・バスキアが映画に

映画

早逝の伝説的黒人芸術家・バスキアが映画に

18日(土)より、映画『バスキアのすべて』が公開される。

ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)は、スプレーを使ったグラフィティ・アートを作風としたアメリカのアーティスト。キース・ヘリングやアンディ・ウォーホルらにも認められ、80年代のニューヨーク・アートシーンの寵児となったが、その絶頂期である88年、ドラッグの過剰摂取により、27歳の若さでこの世を去った。

バスキアの生誕50周年である今年に公開された本作品では、死後20年以上も人目に晒されることのなかった、25歳当時のバスキアのインタビュー映像を観ることができる。これは、彼の友人であり、監督であるタムラ・デイビスの手によるもの。路上で手作りのポストカードやTシャツを売って稼ぐ生活から、瞬く間にスターダムへ。その一方、黒人として人種差別を免れ得なかったバスキアの栄光と挫折、素顔と真実を、本作で垣間見ることができるだろう。

映画『バスキアのすべて』は、東京・渋谷のシネマライズで12月18日(土)から公開され、以降、順次各地で公開される予定。特別鑑賞券(1,500円)によってもれなくプレゼントされるという特製ステッカーについてなど、詳細は公式サイトまで。


(※この画像はサイトのスクリーンショットです)

【関連リンク】
映画『バスキアのすべて』公式サイト(音が出ます)
映画『バスキアのすべて』公式Twitterアカウント

【関連記事】
トーキングヘッズのデビッドバーンART展
「未公開映画を観るTV」全作品WEB公開
不遇の作家の遺作が函館市民の尽力で映画に

【関連カテゴリ】
アート映画

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事