太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 手塚漫画の最高傑作と重要文化財の仏像が共演

コミック

手塚漫画の最高傑作と重要文化財の仏像が共演

4月26日(火)から、東京・上野の東京国立博物館にて、仏像と手塚治虫の漫画『ブッダ』がコラボした特別展『手塚治虫のブッダ展』が開催される。

『ブッダ』は、『鉄腕アトム』『ブラックジャック』『ジャングル大帝』など、数々の名作で知られる手塚治虫(1928~89)が10年以上の歳月をかけて制作した、「手塚の最高傑作」とも称えられる作品。仏教の開祖で"釈迦""仏""ゴーダマ・ブッダ"などと呼ばれる釈迦族の王子・シッダールダの生涯を、手塚治虫独自の解釈で描き、同作はコミック界のアカデミー賞と呼ばれるアイズナー賞最優秀国際作品部門を2度受賞している。

今回の特別展は、その名作『ブッダ』の初映像化作品『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』の公開(5月28日~)を記念して開催されるもの。ブッダの生涯を、『ブッダ』の直筆原画50点と、重要文化財を含むガンダーラや日本の美しい仏像約20点によってたどる、史上初の展覧会となっている。

『手塚治虫のブッダ展』は、東京国立博物館 本館特別5室(台東区上野公園13-9)にて、4月26日(火)~6月26日(日)まで開催。開館時間は、4月26日(火)~4月30日(土)が10:00~16:00、5月1日(日)~6月26日(日)が9:30~17:00(土・日曜日、祝日は~18:00)、休館日は、5月16日、23日、6月13日、20日、21日。


※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
手塚治虫のブッダ展

【関連記事】
日本初 「香り」を目で味わう展覧会
水木しげる米寿記念「ゲゲゲ展」銀座で開催
ドラえもんのひみつ道具を体験できる科学展

【関連カテゴリ】
アートコミック

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事