太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > パラモデル 車のおもちゃ・トミカを用いたアート展を開催

アート

パラモデル 車のおもちゃ・トミカを用いたアート展を開催

無限会社パラモデルパイプライン(2010年)(C)paramodel
無限会社パラモデルパイプライン(2010年)(C)paramodel

7月23日から福岡・天神の三菱地所アルティアムにて、アートユニット「パラモデル」による、タカラトミー社発売の車玩具「トミカ」をテーマにした展覧会『パラモデルのトミカワールド展』が開催されている。

パラモデルは、京都市立芸術大学出身の2人、林泰彦と中野裕介からなるアートユニット。2001年に活動を開始した2人は、タカラトミー社の鉄道玩具「プラレール」を天井や壁面に張り巡らせたインスタレーションや、ミニカーを寿司に見立てた「トミ寿司」など、おもちゃ、ミニカー、プラモデルなどを素材とした作品を発表している。

今回の展覧会では、多種多様なトミカや、色分けされたトミカを用いたモザイク画、タカラトミー社の玩具「つながる道路」を壁に張り巡らせたインスタレーションなどを展示。また会場内にはプレーコーナーも設けられている。現在公開制作が行われており、28日から完成作品が展示される。

『パラモデルのトミカワールド展』は、三菱地所アルティアム(福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F)にて7月23日(土)~8月28日(日)まで開催。会期中休館日なし。開館は10:00~20:00。入場料は一般400円、学生300円、高校生以下無料。なお、公開制作期間中(~27日)は、入場無料となっている。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
パラモデルのトミカワールド展-三菱地所アルティアム
パラモデルのトミカワールド展-ARTIUM Reports

【関連記事】
ウルトラマンシリーズの名監督・実相寺昭雄の生涯をたどる展覧会
東京の交通100年を振り返る展覧会
「東京スカイツリーができるまで」を徹底紹介する企画展

【関連カテゴリ】
アート

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

雑誌カテゴリー

特集カテゴリー

ARCHIVE

人気の記事

TWITTER