太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 岡田将生「俳優は人気商売。だけど人気だけが大事じゃない」

クイックジャパン

岡田将生「俳優は人気商売。だけど人気だけが大事じゃない」

くらもちふさこの原作を山下敦弘監督が映画化した『天然コケッコー』(06年)で一躍注目をあつめ、その後も順調に俳優としてのキャリアを積み上げてきた岡田将生が、来年のNHK大河ドラマ『平清盛』で源頼朝を演じる。

初の大河にしてナレーションという大役も担う岡田は、そのクランクインの現場で、セッティングが整い、さあ演技するという段階になると、スッと目を閉じていた。それは彼にとってどういう時間なのだろうか?

「目をつぶりながら、深呼吸もしてます。僕はものすごくアガリ症なので、最近は少しずつそういうのもなくなってきた部分はあるんですけど、やっぱり気持ちを落ち着けているんだと思います。それで完全に落ち着くとは、自信を持って言えないんですけど・・・・・・なんか、見られてたんですね。恥ずかしい・・・・・・(苦笑)」

つい数年前の『天然コケッコー』の撮影では、山下監督に怒られっぱなしでべそをかいていた岡田も、大河ドラマで重要な役を演じるようになった。山下監督との仕事を熱望する彼に、山下は「とにかくお互い生き残っていけば、いつかは出会う」というメッセージを送ったそうで、このことについて岡田は「この仕事、いつ捨てられるかわからないですからね。ある意味、人気商売だということはわかってます」と冷静な分析。しかし、

「だけど、人気が一番大事なのかと言われたら、違うと思う。自分なりに頑張って取り組めば、それがちゃんと繋がっていくと信じたい。僕の場合は、ものすごくラッキーな男ではありますが、ここまで繋がってこれました。これからも自分の運や周りの人たちに感謝しつつ、役者という職業をちゃんとまっとうしたいです」

と、未来に向けて熱く夢を語っている。

◆『クイック・ジャパン』vol.98(10月12日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事