太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 中畑清、西田敏行、石井竜也らも参加 光のアート作品展開催中

12.14(水)

アート

中畑清、西田敏行、石井竜也らも参加 光のアート作品展開催中



現在、東京・丸の内の「東京ビルTOKIAガレリア」「ニッポン放送」「有楽町マルイ1F」の各会場にて、光のアート作品の展覧会『光と音のシンフォニー ライティング・オブジェ2011』が開催されている。

この「ライティング・オブジェ」は、2006年に空間演出プロデューサー・仁木洋子が提唱し、文化功労者・朝倉摂監修のもとでスタートしたイベント。08年には、文部科学大臣の助成認定をうけ、公に芸術・文化に貢献しているイベントとして認知された。今年度は、「地球環境と子どもたちの未来に向けた平和のメッセージ」というコンセプトに加え、震災復興と未来に向けてのメッセージも込められている。

今回は、アーティスト・ミュージシャンの石井竜也、アーティスト・日比野克彦、プロダクトデザイナー・喜多俊之、帽子デザイナー・平田暁夫をはじめとする総勢140名以上のアーティストの作品を展示。中畑清、西田敏行、唐橋ユミ、田部井淳子(登山家)ら、福島県出身の著名人の作品も展示される。

『光と音のシンフォニー ライティング・オブジェ2011』は、「東京ビルTOKIAガレリア」「ニッポン放送」で12月27日まで、「有楽町マルイ1F」で25日まで開催。各会場の展示時間については、下記関連リンクをご参照いただきたい。(文中敬称略)

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
光と音のシンフォニー ライティング・オブジェ2011

【関連記事】
「美人すぎる日本画家」松井冬子の大規模個展 17日より開催
ふんどしバーからデスメタルまで 都築響一が上野・浅草界隈の地下文化を紹介
ヴィレッジヴァンガードの旗艦店が渋谷センター街に登場
松屋銀座と銀座三越が初コラボ 『GINZA FASHION WEEK』開催