太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > まどマギ監督「自分達の仕事は広い層が相手の商売じゃない」

アニメ

まどマギ監督「自分達の仕事は広い層が相手の商売じゃない」

2011年は『魔法少女まどか☆マギカ』が大ヒットし、アニメ誌以外の雑誌も「まどマギ」を取り上げる現象が発生した。この状況を、「まどマギ」の監督である新房昭之氏は、どう見ているのだろうか? 12月12日発売の『クイック・ジャパン』vol.99でインタビューに応じた新房氏は、「アニメの支持層は広がっているのでは?」という質問にこう答える。

「広がってはいないんじゃないかな? 話題作みたいなものは、やっぱり特殊なものなので。結局、いま見て誰もがわかるアニメって『ドラえもん』みたいなものか、昔の『セーラームーン』とか『ガンダム』とかですよね。一番新しくて『新世紀エヴァンゲリオン』。それが変わらないと、アニメの支持層が広がったとは言えないんじゃないかな」

「評論家やバラエティ番組とかが、一般に紹介してくれたらいいんですけどね」と語る新房氏。しかし彼は、現在のアニメの状況を

「今は今でいいスタイルだと思いますよ」「少なくとも今の自分たちがやっているのは、そういう広い層に見てもらうための商売じゃないから」

と分析しつつも、

「いま子供たちがアニメ見てくれないと次の世代につながらないんですよ。そもそも子供は深夜アニメを見れないから、せめてお父さんやお母さんがアニメを見て、DVDを買って、子供と一緒に見てくれるようになればと思うんですよ。いま30代の人に向けて作ることで、5歳とか10歳の子供まで届けばいいなと思います」

と述べており、家族のコミュニーケションの一環としてアニメが介在することを期待している。

◆『クイック・ジャパン』vol.99(12月12日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事