太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 須藤元気「いまの日本の強みって『サブカル』でしょ?」

音楽

須藤元気「いまの日本の強みって『サブカル』でしょ?」

元・格闘家の須藤元気を中心に、サラリーマン・スーツに身を固めたメンバーが、エレクトロ・ポップな歌に乗せ、アニメーション・ダンスを踊るユニット「WORLD ORDER」が、セカンドアルバム『2012』を6月20日に発売した。昨年7月にロスで開催されたIT業界の世界的カンファレンス『WPC』でオープニングアクトを務め、話題となった彼ら。須藤は、活動の狙いをこう語っている。

「僕は地球人として、常々、世界で勝負したいと思っているんです。そのためには、むしろ日本というローカル性を前面に押し出すのが近道だと。じゃ、いまの日本の強みって何? って考えると、『サブカルチャー』なんですよね。そこからスーツでアニメーション・ダンスを踊るっていう発想が出てきたんです」

格闘家時代から、常に状況を俯瞰して、一番効果的な見せ方を探ってきた須藤らしい的確なコンセプト・メイキングだ。だが、初めからすべてスムーズだったわけではなかった。

「いま話したようなことをプレゼンするんですけど、最初は誰も相手にしてくれなかったんですよ。これはもう百聞は一見にしかずだなと思って、自分の貯金を下ろして、2分間のデモPVを作ったんです。予算も限られてるので、撮影や編集に凝るのは難しい。そこで街中で踊って、ゲリラ撮影したんですね。通行人も素のリアクションで映り込む。結果として、このナマっぽいテイストがよかったんです」

この動画をYouTubeにアップしたところ、1週間で再生回数が10万回を突破。新しいアルバムのDVDに収録されている新曲のPVには、メンバーが歌舞伎町のホストに扮しているシーンも含まれているが、そうした"ギャグ的アプローチ"にはどういった意図が込められているのだろう?

「楽しく笑っているヤツを嫌いになる人はあまりいないですよね? だったら楽しんだほうがいいじゃないですか。鏡の中の自分を見て『おまえが笑ったら、オレも笑おう』って勝負しても、絶対勝てない。こっちが笑えば、鏡の中の自分も笑うんです」

須藤は、「それが僕の気付いた世界秩序(WORLD ORDER)。楽しんでるヤツのところには楽しいことがやってくるっていう、すごくシンプルな法則なんです」と語っている。

◆『クイック・ジャパン』vol.102(6月12日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

雑誌カテゴリー

特集カテゴリー

ARCHIVE

人気の記事

TWITTER