白金在住マダム=シロガネーゼ では芦屋、二子玉川、新浦安は?
ケトル

白金在住マダム=シロガネーゼ では芦屋、二子玉川、新浦安は?

Amazonより
『ケトル VOL.09』 伊賀大介、佐藤優、剛力彩芽、大根仁、大澤真幸、宇野常寛、小島慶子、山形浩生、島地勝彦…ほか

10月14日発売の雑誌『ケトル』は、特集のテーマとして「雑誌」をピックアップ。BRUTUS、an・an、VERY、JT時刻表、ムー、nicola、週刊ヤングジャンプ、Pen、スタジオ・ボイス、rockin'on......ありとあらゆるジャンルの雑誌にまつわる情報を取り上げている。今回紹介するのは、「雑誌が生み出してきた言葉」について。今や誰もが使っているあの単語は、あの雑誌が発祥だった!

 * * *
日常生活でなにげなく使っている単語の中には、雑誌によって生み出されたものが数多く存在する。たとえば、「働く女性・Office Lady」を指す「OL」は、当時使われていた「BG(Business Girl)」に代わる言葉を、1964年に『女性自身』が読者公募した造語だし、「イケメン」は1990年代にゲイ雑誌『G-men』やギャル系雑誌『egg』が「イケてるメンズ」の意味で使用したのが最初と言われている。

また、雑誌の新語が新たな社会現象を生み出すこともある。たとえば、メンズ雑誌『LEON』が「ちょい不良(ワル)オヤジ」という言葉を生み出した結果、これまでは「単なるキザオヤジ」と周囲から見られていた男性たちは「オシャレでイケてる中年男性」という認識に。女性誌『VERY』は「シロガネーゼ(=都内高級住宅地・白金に住むマダム)」という言葉を生み出し、白金主婦のブランド化に成功した。

ちなみにこの「シロガネーゼ」にはその後新たなバージョンも生まれ、同誌は「芦屋マダム=アシヤレーヌ」「二子玉川=ニコタマダム」「新浦安=マリナーゼ」などの新語を次々と創出。そのほかにも『VERY』は「イケダン(=仕事をバリバリこなしながら、家庭を大切にしている旦那さま)」という単語も世に送り出している。

◆ケトル VOL.09(10月14日発売/太田出版)

【「ケトル」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ