太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 1時間番組の『ダウンタウンDX』 毎回70分ほどで収録終了

テレビ

1時間番組の『ダウンタウンDX』 毎回70分ほどで収録終了

4月に結成30周年という節目を迎えたダウンタウンの代名詞的番組が、この10月に放送開始20年目を迎えた『ダウンタウンDX(以下『DX』)』(読売テレビ)。通常、バラエティ番組の収録といえば、編集を前提に長い本番が続き、その中から面白い部分をつまんで放送されるものだが、『DX』は通常の放送時間46分(正味の長さ)に対して、収録時間は平均で70分ほどだという。『DX』ディレクター歴2年目の平山勝雄は、10月12日発売の『クイック・ジャパン』vol.104で、ライブ感あふれる収録スタイルについてこう語っている。

「僕はこれまで『どっちの料理ショー』『秘密のケンミンSHOW』など、放送の尺に対して圧倒的に長く喋ってもらう番組をやっていて、『DX』は全然違う世界に飛び込んできた感じでした。もちろんどちらが正解という話ではないですけど、目の前のライブで面白くすると、それが相乗効果でさらに面白くなるんだな、と感じましたね」

こうしたライブ感は、浜田(雅功)によって培われた部分が大きいようで、「お客さんが飽きない時間に収録をしなければいけない、と徹底的に言われてきた」(西田治朋D)、「“熱”というか、お客さんを相手にして、その時点で勢いがなかったらどうすんねんという考えだと思うんですよね」(並木慶D)と語るスタッフたち。求めるものがはっきりしている以上、要求も厳しくなるようで、システムの田河照雄はこう証言する。

「浜田さんはタイミングにシビアで、CGが出ない時はイライラしてますね。昔、番組内容がクイズ中心だった頃、『続いての問題はこちらー!』で間違って問題ではなく答えを表示してしまったことがあるんです。演者さんがしらけて使いものにならず、本番後、謝りに行ったら『どういうことやねん!!』。あの時は……消されると思いました(笑)」

ちなみに浜田はオープニングタイトルの音楽にもこだわりがあるようで、これまで2度ほどスタッフが変更を試みたところ、「こんなんでは出れない」(1度目)、「違う言うてるやろー!」(2度目)と、2度とも引き上げてしまったとか。そのためスタッフは、「もう抵抗するのはやめよう」という結論にたどり着いたそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.104(10月12日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事