太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > デビュー当時のダウンタウンは浜田もボケる「Wボケ」だった

お笑い

デビュー当時のダウンタウンは浜田もボケる「Wボケ」だった

今年結成30周年を迎えたダウンタウンは、吉本興業の芸人養成所「NSC」の1期生。同期にはダウンタウンのほか、トミーズ、ハイヒールなど精鋭が顔を揃える中、同じく1期生で「銀次・政二」として鎬を削った前田政二が、自伝小説『ノーブランド』を発表し、そこでは若き松本・浜田の野望と蹉跌が描かれている。ダウンタウンを誰よりも知る前田は、10月12日発売の『クイック・ジャパン』vol.104で、当時のダウンタウンをこう振り返っている。

「それまで2人だけでボソボソ喋って、他人と話してるのを見たことない、不気味な存在だったんですよ。今のダウンタウンからは想像もつかないぐらい暗かった。でも初めて漫才見て、『あ、紳助・竜介よりオモロい。すごいなこいつら』と一発でファンになりました。

僕は紳竜さんが好きだったから、番組をチェックして『今日何のネタするかな?』とワクワクしてたんですよ。それと同じように『早く松本・浜田(2人の当時のコンビ名)の新ネタが見たい。ネタ何本持ってるんやろう』と気になるようになりました」

ライバル視するはずの同期にそう思わせた当時の2人。今でこそ、「松本=ボケ、浜田=ツッコミ」という不動のスタイルが出来上がっているが、当時はネタの4分の1ほどは浜田がボケていたという。

「たとえば浜田が『オレ、暴走族に入っててん。驚くなよ』と暴走族の名前でボケて、『なんやねん、それ』で松本が上を行くボケをかぶせるような……。あとヤンキーのウンコ座りでタバコ吸った形のまま歩きよるんです。もともとNSCに誘ったのは浜田のほうなんで、その時はツッコむだけではイヤだったのかもしれませんね」

前田は「『こんな暗いヤツらがどこで練習してるんだろう?』と思うぐらい当時からうまかった」と思っていたそうだが、ある時、2人がエントリーした漫才大会(第3回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール)に行ったところ、境内の端っこで練習している2人の姿を目撃。「あ、ちゃんと練習すんねや」とびっくりしたそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.104(10月12日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE