太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > アーティスト・星野源 “性格の悪いクソ女”にフラれた怒りを作曲へと昇華

音楽

アーティスト・星野源 “性格の悪いクソ女”にフラれた怒りを作曲へと昇華



俳優、文筆家、インストバンド「SAKE ROCK」のメンバーと様々な肩書きを持つ星野源は、ソロミュージシャンとしても2枚のアルバムと4枚のシングルをリリースしてきた。現在流通している唯一の「インディーズ盤」はCDブック『ばらばら』のみだが、「世界は ひとつじゃない」と歌い出す『ばらばら』は、メジャー後のファーストアルバム『ばかのうた』の1曲目にも収録された曲。この曲が生まれた経緯について、星野は現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.105でこう語っている。

「7年前くらいに、猛烈にフラれたんです。でも、性格悪い人だったんですよね。フラれたんだけど、夜中に『好き』みたいなメールが来る。で、慌てて電話すると、出ない。こっちの気持ちを引っ掻き回して遊ぶ、クソ女ですよ!(笑)。もうね、曲を作らんとやってられんと思って。それまでも何かショックなことがあると、曲を作ってたんですね。吐き出すみたいな感じでくそみそに書いたんですよ、歌詞でその人のことを」

そしてその頃に弾き語りイベントに誘われ、その歌をやることになったものの、「これじゃだたのオナニーだなと思って、歌詞を変えた」のが『ばらばら』なのだとか。元の歌詞は一体どんな凄まじいものだったのだろうか?

「『世界はひとつじゃない』って歌詞は、自分の中では普通の感覚だったから、最初から普通に書いていて。その後の『ぼくらは ひとつになれない』という歌詞に関しては、ドラマとかでよくある『僕たちは一つさ』『やっと一つになれたね』みたいなセリフに対しての、『そんなこと無理じゃボケ!』って気持ちをぶつけてました(笑)」

しかし、人に聞いてもらうものにするためには、ひとつの解決策を示すことが必要だと考えた星野は、

「絶対に人は一つになれないし、ばらばらなんだけど、ばらばらのままで重なり合うことはできるんじゃないか。その重なり合った状態が、ひとつのものを生み出せているんじゃないか」

と思い、それが今の歌詞に。星野は、「絶望的な気持ちから、何か希望を見出すっていう作業を、ここで初めてちゃんとやったんです」と振り返っている。

◆『クイック・ジャパン』vol.105(12月12日発売/太田出版)

【関連リンク】
『クイック・ジャパン』vol.105

【関連リンク】
スネオヘアー「レコード契約終了時に音楽業界引退も考えた」
ももクロやYUKIにリミックス提供のトーフビーツが配信限定の新曲を発表
ヒャダインこと前山田健一「ニコ動ではみんな、だいだい2分で飽きるなって思った」
紅白初出場のゴールデンボンバーは「メンバーも事務所もケチの集まり」

最新記事

RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE