太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 貴重すぎて借用困難なラファエロ作品約20点が上野に集結

アート

貴重すぎて借用困難なラファエロ作品約20点が上野に集結

3月2日(土)より、東京・上野の国立西洋美術館にて、ルネッサンスを代表する画家・ラファエロ・サンツィオの大規模展『ラファエロ』展が開催される。

ラファエロ(1483~1520)はイタリア中部に生まれ、宮廷画家の父のもとで修業。ヴァチカン宮殿の壁画、当時の教皇や貴族の注文を受けた肖像画や宗教画、さらにサン・ピエトロ大聖堂の主任建築家を務めるなど、その活動は多岐にわたっていたが、37歳の若さで亡くなった。ルネッサンス絵画を完成させたラファエロの絵は、19世紀半ばまで画家にとっての絶対的な手本に。後世の画家たちに大きな影響を与えた

同展は、ヨーロッパ以外では初となるラファエロの大規模個展。ラファエロの作品は、各美術館にとって目玉となるため借用が難しく、これまで日本では大規模な展覧会が実施されたことがなかったが、今回は代表作『大公の聖母』ほか約20点の油彩と素描、さらに同時代の芸術家たちの作品や、ラファエロの原画をモチーフとしたタペストリー、版画、工芸などが展示される。

『ラファエロ』展は、2013年3月2日(土)~6月2日(日)まで、国立西洋美術館(台東区上野公園7-7)にて開催。開館時間は9:30~17:30(金曜日は9:30~20:00)、休館日は月曜(4月29日、5月6日は開館。5月7日は休館)。観覧料金は当日一般1500円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事