太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 「最近のTVはつまらない」説に所ジョージ「昔は良かったとか言ってるんじゃない」

テレビ

「最近のTVはつまらない」説に所ジョージ「昔は良かったとか言ってるんじゃない」

現在のテレビ界で、ゴールデンタイムに5つの番組(※)を持っている唯一の人物が所ジョージ。家族が集まる団らんの時間に、毎週見ることがスタンダードになるような番組を作ることを心がけているという彼は、最近のテレビ全般についてどんな印象を持っているのだろう? 2月12日発売の『クイック・ジャパン』vol.106で、所ジョージはこう語っている。

「テレビはみんな放課後みたいな番組になっちゃったね。学生が仲間とたまってなかなか家に帰らない……そんなリラックスの部分だけ出ちゃってる番組。授業がないんだもん。だからといって『これが授業です』と情報番組作っても、どこかにがやつきがあったりして、そこも結局、放課後になっちゃう」

とはいえ、「たとえばEテレでやってるようなマジメな番組が授業かというと、それも違う気がする」と語る所ジョージ。彼自身はもう何十年もテレビに出続けているわけだが、「テレビは昔面白かったけど、今はつまらない」という人には、強い口調でこう反論する。

「今生きてるんだから、今のテレビが面白くなかったら見るのやめればいい。『昔はよかった』とか言ってるんじゃねーよ。年取ると『昔はヤンチャだった』って自慢してるオジサンがいるけど、今やってくれよ。今全員ぶっとばせます? と思う(笑)。カッコ悪いよね。後でむなしさが襲ってくるでしょ。『また昔話しちゃった。なんなんだ、今の俺は』って」

そんな所ジョージは現在58才だが、自らについては「本当はレギュラーは2本ぐらいでいい。でも各番組に魅力があるんで、どうしてもねえ。ただ長いことはないよ。今、58才だから、60ちょっとになったら一掃するんじゃない?」と考えているのだとか。その理由について彼は、「60過ぎのジジイがやるテレビなんて魅力ないもん!」と語っている。

(※)『大改造!!劇的ビフォーアフター SEASON2』『テストの花道』『世界まる見え!テレビ特捜部』『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』

◆『クイック・ジャパン』vol.106(2013年2月12日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事