太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 庵野秀明氏監修のエヴァンゲリオン展 生原画、画コンテ、セル画など展示

アニメ

庵野秀明氏監修のエヴァンゲリオン展 生原画、画コンテ、セル画など展示

8月7日(水)より、東京・銀座の松屋銀座にて、大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の魅力を解き明かす展覧会『エヴァンゲリオン展』が開催される。

エヴァンゲリオンは、“セカンドインパクト”と呼ばれる大災害が起こった後の地球で、巨大な人型兵器「エヴァンゲリオン」に乗り込んだ少年少女が、謎の敵「使徒」と戦う物語。1995年にテレビシリーズが始まった同作は、07年からは長編アニメーション映画「エヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズがスタートし、昨年公開の第3部は、興行収益が52億円を超す大ヒットとなっている。

同展では、総監督・庵野秀明氏らの監修のもと、新劇場版シリーズ最新作を含む貴重な生原画や設定資料約300点を初公開。さらに、画コンテやレイアウト、原画や動画など1000点を超える膨大な資料や、テレビシリーズのセル画、貞本義行氏が描いた漫画の複製原稿なども展示される。

『エヴァンゲリオン展』は、2013年8月7日(水)~8月26日(月)まで、松屋銀座8階イベントスクエア(中央区銀座3-6-1)にて開催。開場時間は10:00~20:00(最終日は17時まで)。入場料は一般1000円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事