太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > ゴッホ、スーラ、モンドリアンら 「点描」の画家に注目した展覧会

アート

ゴッホ、スーラ、モンドリアンら 「点描」の画家に注目した展覧会

10月4日(金)より、東京・六本木の国立新美術館にて、スーラ、ゴッホ、モンドリアンなど、フランス、オランダ、ベルギーの画家たちによる色彩の探求を検証する展覧会『印象派を超えて―点描の画家たち』が開催されている。

この展覧会は、ゴッホの優れたコレクションで知られるオランダのクレラー・ミュラー美術館の協力のもと、絵画の真髄ともいえる“色彩”に注目したもの。スーラ、ゴッホ、シニャック、モンドリアンら、展覧会の核となる作家の作品のほか、モネ、ピサロ、シスレー、ドニなどの著名画家、さらに日本では滅多に見ることのできないベルギーやオランダの巨匠たちの作品も展示される。

会場は、モネやシスレーなどを集めた「印象派の筆触」、独自の点描技法を開拓したスーラとシニャックに着目した「スーラとシニャック─分割主義の誕生と展開」、「ゴッホと分割主義」、「ベルギーとオランダの分割主義」、点描を通過して抽象絵画へと到達した「モンドリアン-究極の帰結」という5章で構成。クレラー・ミュラー美術館や国内の所蔵機関の協力のもと、油彩画、水彩画、素描など、約90点の作品が集められている。

『印象派を超えて―点描の画家たち』は、2013年10月4日(金)~12月23日(月・祝)まで、国立新美術館(港区六本木7-22-2 東京メトロ「乃木坂」駅すぐ)にて開催。開館時間は10:00~18:00(金曜は20:00まで)。休館日は火曜。観覧料は当日一般1500円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事