太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 戦後日本建築史を飾る住宅を一挙概観 『戦後日本住宅伝説』展

建築

戦後日本建築史を飾る住宅を一挙概観 『戦後日本住宅伝説』展

7月5日(土)より、埼玉県さいたま市の埼玉県立近代美術館にて、人間の生活の基本である衣・食・住の”住”に焦点を当てた展覧会『戦後日本住宅伝説─挑発する家・内省する家』が開催される。

この展覧会は、戦後を代表する日本の建築家の作品を、そのコンセプトとともに紹介することにより、建築家が”住まい”という私的な空間をどう捉え、表現しようとしたかを探るもの。建築をとりまく様々な問題に取り組みながら、新たな表現を追究してきた建築家たちの作品を概観することで、改めて”住空間”について考える展覧会となっている。

会場では、数々の国家的プロジェクトを手がけた丹下健三の「住居」をはじめ、磯崎新の「新宿ホワイトハウス」、伊東豊雄の「中野本町の家」、安藤忠雄の「住吉の長屋」、黒川紀章の「中銀カプセルタワービル」、菊竹清訓の「スカイハウス」、東孝光の「塔の家」など、日本建築史上に残る住宅を紹介。戦後の1950年代から70年代までの、挑戦的な建築作品の数々を楽しめる。

『戦後日本住宅伝説ー挑発する家・内省する家』は、2014年7月5日(土)~8月31日(日)まで、埼玉県立近代美術館(さいたま市浦和区常盤9-30-1 JR「北浦和駅」徒歩3分)にて開催。開館時間は10:00~17:30。休館日は月曜(7月21日は開館)。観覧料は一般1100円。(文中敬称略)

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事