太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 富山のB級グルメ「ラーメンサンド」 中身は何ラーメン?

フード

富山のB級グルメ「ラーメンサンド」 中身は何ラーメン?

近年B級グルメが全国的に大流行ですが、富山に存在するのが「ラーメンサンド」です。焼きそばパン的な? 富山名物ブラックラーメン的な? そんな声が聞こえてきそうですが、正解はみんな大好きなベビースターラーメンをサンドイッチにした、富山の新ソウルフードです。

この珠玉の逸品を生んだ「立山サンダーバード」は、その独自性で有名チェーンを蹴散らす最強のコンビニ。立山の麓に位置し、登山客も多く訪れる同店では、「梅チキン」「ぶりの子ハンバーグ」ほか40種類以上のサンドイッチが並びます。

また、サンドイッチだけでなく、井戸の水で米を炊いた絶品おにぎり、山菜の昆布じめ、ホタルイカ、渓流釣り用のミミズまで取り揃え、映画『劔岳 点の記』『春を背負って』の撮影で店を訪れた木村大作監督は、同店のソフトクリーム(200円)が大好物だそうです。

その立山サンダーバードの商品ラインナップの中でも特にパンチのきいた一品が「ラーメンサンド」。ベビースターの楽しい食感に加え、焼豚とシナチクのレアなしっとり感の相性が抜群です。店長曰く「たまたまベビースターを店で売っていたので、入れてみたらお客さんにウケた」とのことで、ゆるい誕生秘話をもつラーメンサンドは250円也。なお、この夏は「冷やし中華サンド」も始めたそうです。

◆ケトル VOL.26(2015年8月11日発売)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事