太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > デザイナー・三宅一生の45年間の仕事を紹介 「MIYAKE ISSEY展」

ファッション

デザイナー・三宅一生の45年間の仕事を紹介 「MIYAKE ISSEY展」


【ポイント5倍!5月25日(土)0:00〜5月28日(火)9:59まで】任天堂 Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド HAC-S-KABAA

楽天ふるさと納税

3月16日(水)より、東京・六本木の「国立新美術館」にて、デザイナー・三宅一生の展覧会『MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事』が開催される。

三宅一生は1938年広島県生まれの衣服デザイナー。1970年に「三宅デザイン事務所」を設立し、自らの名前を関したブランド「イッセイミヤケ」の創設者である三宅は、1973年よりパリ・コレクションに参加して、身体と衣服の関係をテーマとしたデザイン活動を行っており、2010年には文化勲章を受章している。

同展は、三宅が活動を開始した1970年から現在に至る約45年間の仕事を紹介する展覧会。会場では、三宅の原点ともいえる1970年代の服、80年代の中心的な課題となった身体に焦点を合わせた服のシリーズ、三宅の最も革新的な側面など、初期から最新プロジェクトまでの全仕事をたどり、三宅のものづくりに対する考え方やデザインアプローチを明らかにする。

『MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事』は、2016年3月16日(水)~6月13日(月)まで、国立新美術館(港区六本木7-22-2 東京メトロ「乃木坂駅」すぐ)にて開催。開館時間は10:00~18:00(金曜は20:00まで)。休館日は火曜日(5月3日開館)。観覧料は当日一般1300円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです


おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事