太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 小倉唯 「声優としてのお仕事があってこその自分だと思っています」

クイック・ジャパン

小倉唯 「声優としてのお仕事があってこその自分だと思っています」

子役から声優になり、歌の活動ではユニットとして日本武道館を埋めた実績を持つ小倉唯。彼女に憧れて声優を志すファンは多いだろうが、彼女はどのような経緯で声優になったのだろう? 現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.125で、小倉はこう語っている。

「子役をやっていたころから声が特徴的だったみたいで、『風邪ひいてるの?』と言われることが多くて。コンプレックスがあったんです。だから声の仕事がしたくてしたというより、『やってみない?』と言われてはじめたことでした」

そんなきっかけだったため、「最初は声を出すこと自体怖かったですね……」と振り返る小倉。そんな彼女は今や声優だけでなく、女優、歌手として幅広く活動しているが、彼女はどの方向に進みたいのだろう?

「子役のときから歌うこと自体は好きだったんですけど、舞台のオーディションでは歌で落ちることもあったくらいで、まさか自分が歌手になるとは思っていませんでした。(中略)もちろん、歌活動では内面もさらけ出して自分のことを知ってもらったりするし、ビジュアルもダンスも、自分自身を出して表現していくものだけど……でも、声優さんはなにより声で勝負するものだから。

今の自分がいるのは、声優をやっているからだと思います。それがあるから歌活動も他のこともできていることは間違いなくて。基盤として声優という仕事はとっても大事なものですね」

ひとつの肩書に縛られずに「アーティスト」と名乗る芸能人は少なくないが、小倉は、「声優としてのお仕事があってこその自分だと思っています」ときっぱり断言。しかし小倉はまだ20歳なだけに、可能性は無限大に広がっているようだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.125(2016年4月22日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

雑誌カテゴリー

特集カテゴリー

ARCHIVE

人気の記事

TWITTER