太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 芸能人海外留学の元祖は黒柳徹子? 人気絶頂期に取ったNY留学

ケトル

芸能人海外留学の元祖は黒柳徹子? 人気絶頂期に取ったNY留学

近年では、芸能人が海外留学を理由に休業することは珍しくありませんが、それを40年以上前に実行したのが黒柳徹子さん。1971年、休養と演技の勉強のため、ニューヨークに留学しました。

黒柳さんの長い芸能生活でターニングポイントを挙げるなら、NYへの留学がそのひとつ。〈朝起きて、今日は何しようかなとワクワクしながら考える。そんな小学生みたいな生活をしたい。じゃないと自分がすり減っちゃいそうだと思って〉(『日経ウーマン』2008年10月号)。留学前の心境をこう振り返ります。

黒柳さんは自身の半生のなかで、20代から30代前半までが一番ツラかったといいます。仕事に忙殺される日々には、それこで「今日は何をしよう」なんて考えられる朝は一度もなかったから。仕事が忙しくなるにつれ悩みも増えていき、自分の演技力や恵まれた環境に疑問を抱くようになりました。そこで出した結論が、1年間の休養。NYで本格的に演技を学ぶことを決意します。このとき黒柳さんは38歳でした。

当時はネットもメールもない時代。人気タレントが仕事を手放し、芸能界を遮断してしまうのは勇気のいる行為なはず。しかし黒柳さんは、「15年もテレビの仕事を続けてきて、1年離れたくらいで仕事がなくなるようなら、それは実力がなかったということ。別の仕事を探せばいい」と覚悟を決めたのです。仕事の心配よりも、学びたいという気持ちが強かったのでしょう。

◆ケトル VOL.31(2016年6月14日発売)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

雑誌カテゴリー

特集カテゴリー

ARCHIVE

人気の記事

TWITTER