太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 女優・石橋杏奈 『LIFE!』出演で知ったお笑いの難しさ

お笑い

女優・石橋杏奈 『LIFE!』出演で知ったお笑いの難しさ

お笑い番組がめっきりと減り、コント番組受難の時代と言われる今、気を吐いているのが『LIFE!』(NHK)だ。そんな『LIFE!』で、“悲哀”をナチュラルに感じさせる若きコメディエンヌが石橋杏奈。「ホリプロスカウトキャラバングランプリ」という正統派美女の石橋は、コントをやることについてどう考えているのか? 現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.128で、石橋はこのように語っている。

「脚本は間違いなく面白いので、自分が演じることでつまらなくなってしまう恐怖はあります。だから少しでも、たとえばオチの前は割とテンポをゆっくり、溜めて溜めて最後スパッと言う、みたいな。より笑えるようになる工夫をどんどんこのシリーズでやれるように意識していますね。まだ結果は出てないかもしれないですけど」

まるでお笑い芸人のように、“笑いを取るテクニック”を語る石橋。番組では“彦美”という強烈なキャラクターのアニメ化が実現するなど、コメディエンヌとして存在感を見せる彼女だが、悩みはつきないようだ。

「笑いって本当に難しい……。自分はこういうふうにやったら面白いと思っても、それが伝わらなかったり、人によって笑いどころが全然違ったりするじゃないですか。でもいろんなジャンルのコントがあるのが『LIFE!』の魅力だと思うので、何か自分に振られたときにどう動くか。その魅力が自分自身で把握できていないと視聴者にもうまく伝えられない気がして」

そんな風に悩みを語る石橋だが、家族は素の彼女のことを「“彦美”そっくり」と、言っており、最近では、「普通のお芝居のときのほうが『違和感があって気持ち悪い』」と、言っているのだそう。石橋自身も、他のお笑い番組を見ていると、「無意識に違う視点から見ちゃってる自分」がいるそうで、お笑いもできる女優として、今後ますます存在感を高めていくことになりそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.128(2016年10月24日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

雑誌カテゴリー

特集カテゴリー

ARCHIVE

人気の記事

TWITTER