太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 北欧人気ブランドのデザインの歴史と魅力を知る「マリメッコ展」

デザイン

北欧人気ブランドのデザインの歴史と魅力を知る「マリメッコ展」

12月17日(土)より、東京・渋谷の「Bunkamuraザ・ミュージアム」にて、世界中で愛されるデザインハウス・マリメッコの展覧会『マリメッコ展』が開催される。

マリメッコは1951年、アルミ・ラティアによってヘルシンキで創業されたデザインハウス。「マリメッコ」とは、「小さなマリーちゃんのドレス」という意味だ。アルミのもとにマリヤ・イソラをはじめとした才能あるデザイナーたちが集い、大胆でカラフルなデザインが人気を集め、1960年代には世界的なブランドに成長。洋服、インテリア、家庭雑貨、アクセサリー、バッグなど、幅広く展開されている。

同展は、60年にわたるマリメッコの歴史をたどり、個性あふれるデザイナーの仕事ぶりや活躍を紹介するものだ。会場には、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料などが登場。200点以上の作品を通じて、世界中で愛されるマリメッコのコンセプトを知ることができる。

『マリメッコ展』は、2016年12月17日(土)~2017年2月12日(日)まで、Bunkamuraザ・ミュージアム(渋谷区道玄坂2-24-1 JRほか「渋谷駅」徒歩8分)にて開催。開館時間は10:00~19:00(金・土は21:00まで。12月31日をのぞく)。休館日は1月1日。チケットは当日一般1400円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事