太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 門外不出の『スラヴ叙事詩』が初めてチェコ国外に 『ミュシャ展』

アート

門外不出の『スラヴ叙事詩』が初めてチェコ国外に 『ミュシャ展』

3月8日(水)より、東京・六本木の国立新美術館にて、チェコを代表する画家・アルフォンス・ミュシャの回顧展『ミュシャ展』が開催される。

ミュシャ(チェコ語の発音では「ムハ」。1860~1939)は、アール・ヌーヴォーを代表する芸術家のひとり。モラヴィア(現チェコ)で生まれたミュシャは、34歳の時に女優のサラ・ベルナール主演の舞台のポスターで一躍有名になり、19世紀末のパリで時代の寵児になった。そして50歳で祖国に戻ったミュシャは、17年という年月をかけ、スラヴ民族の歴史を描いた『スラヴ叙事詩』を制作。チェコを代表する画家として国民から敬愛されている。

会場では、門外不出だった『スラヴ叙事詩』全20点を展示。縦6メートル、横8メートルの巨大な油彩画が、チェコ国外では世界で初めて公開されるほか、パリ時代の作品など、『スラヴ叙事詩』を描くまでの作品約100点も紹介し、ミュシャの全貌をたどる。

『ミュシャ展』は、2017年3月8日(水)~6月5日(月)まで国立新美術館(港区六本木7-22-2 東京メトロ「乃木坂駅」すぐ)にて開催。開館時間は10:00~18:00(金曜日、4月29日~5月7日は20:00まで)。休館日は火曜日(5月2日は開館)。チケットは当日一般1600円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

雑誌カテゴリー

特集カテゴリー

ARCHIVE

人気の記事

TWITTER