太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 地獄の世界へようこそ 水木しげるの原画も登場「地獄絵ワンダーランド」

アート

地獄の世界へようこそ 水木しげるの原画も登場「地獄絵ワンダーランド」

7月15日(土)より、東京・日本橋の「三井記念美術館」にて、仏教の世界観である“地獄と極楽”にまつわる作品を紹介する展覧会『地獄絵ワンダーランド』が開催される。

仏教の世界では、現世での行いが来世に結びつくとされるため、その不安を具現化した地獄絵や、安らかな極楽浄土を描いた作品が数多く描かれてきた。この展覧会は、古来より怖れと憧れの象徴として描かれてきた「地獄」と「極楽」の美術を通じて、日本人が抱いてきた死生観と来世観をたどるもの。近世以降に登場した“パロディ化された地獄絵”なども紹介する。

会場では、水木しげるが、水木に妖怪や地獄の話しをしてくれた「のんのんばあ」と地獄を巡る絵本『水木少年とのんのんばあの地獄めぐり』の原画のほか、平安時代の地獄の描写、「地獄の位置」、「地獄の構成メンバー」、愛嬌のある地獄絵や地獄をパロディ化した読本、魅力的で諧謔に溢れた地獄絵などを紹介。一方では、人々が憧れ、行きたいと願う極楽浄土、極楽往生を描いた作品も登場する。

『地獄絵ワンダーランド』は、2017年7月15日(土)~9月3日(日)まで(前期:8月6日まで。後期:8月8日から最終日まで)、三井記念美術館(中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階 東京メトロ「三越前駅」徒歩1分)にて開催。開館時間は10:00~17:00(金曜は19:00まで)。休館日は月曜日(7月17日は開館、翌18日は休館。8月14日は開館)。観覧料は当日一般1300円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連カテゴリ】
アート

最新記事

RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE