太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > ”絵画史上最強の美少女”登場 「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」

アート

”絵画史上最強の美少女”登場 「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」

2月14日(水)より、東京・六本木の「国立新美術館」にて、スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレが収集したコレクションを紹介する展覧会『至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』が開催される。

ドイツで生まれ、スイスに移住したビュールレは、実業家として成功して富を築き、生涯を通じて美術品の収集に情熱を注いだコレクター。中でも傑作中の傑作が揃う印象派・ポスト印象派の作品は、世界的なプライベートコレクションとして注目を集めてきた。ビュールレ・コレクションは、これまでヨーロッパ以外でまとまって展示されたことはほとんどなかったが、27年ぶりにコレクション展が実現。コレクションは2020年にチューリヒ美術館に移管されるため、その全貌を見ることができる展覧会はこれが最後となる。

会場には、絵画史上もっとも有名な少女像ともいわれるルノワールの『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)』、近代美術の金字塔といわれるセザンヌの『赤いチョッキの少年』、スイス国外で初めて展示される日本初公開のモネの『睡蓮の池、緑の反映』が登場。この他、ドガ、ドラクロア、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、マティス、ピカソなど、世界的な傑作およそ60点が展示される。

『至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』は、2018年2月14日(水)~5月7日(月)まで、国立新美術館(港区六本木7-22-2 東京メトロ「乃木坂駅」すぐ)にて開催。開館時間は10:00~18:00(金曜日、土曜日および4月26日~5月6日までは20:00まで)。休館日は火曜日(5月1日は開館)。チケットは当日一般1600円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事