太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 『北の国から’92巣立ち』で田中邦衛が謝罪の品にカボチャを選んだ理由

テレビ

『北の国から’92巣立ち』で田中邦衛が謝罪の品にカボチャを選んだ理由

なぜカボチャを?
なぜカボチャを?
Amazonより
『ケトル VOL.41』 著:仲世古善、大根仁、山下澄人、成馬零一、津田大介

テレビドラマという枠を超えた圧倒的なスケールで描かれた『北の国から』には数々の名シーンがありますが、特徴的なのは、そこに食べ物が絡んでいる場合が多いこと。「’92巣立ち」でも、食べ物が話の鍵を握ります。

謝罪に訪問する際、誠意を見せる意味で持参する菓子折り。上京した純(吉岡秀隆)が恋人のタマ子(裕木奈江)を妊娠させたことを謝罪するため、五郎(田中邦衛)が持ってきたのは5個の大きなカボチャでした。そして相手宅に着くなりタマコの叔父(菅原文太)の前に「ご挨拶がわりに」とカボチャを積み、いきなり土下座します。

そんな五郎にタマ子の叔父は、自分の娘が同じ目にあったときのことを本気で想像しろ、「誠意って何かね?」と問いかけます。自分では十分誠意だと思っていても、相手の気持ちを本当に理解できていなければ意味がない。カボチャを持参した事実が五郎の考えの甘さを際立たせ、“誠意”を伝える難しさを突きつけられる名シーンです。
 
ところで五郎はなぜカボチャを選んだのか。実は倉本聰さんの設定によれば、五郎も学生時代に女性を妊娠させており(3人も!)、父親が同じようにカボチャを持参して謝罪した衝撃的な過去があるのだそう。つまり五郎は何十年も前の父のやり方を踏襲しただけだった可能性が……。やっぱり菓子折りはきちんと自分で考えて選ぶのが誠意ってものです。

◆ケトル VOL.41(2018年2月14日発売)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事