太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > エビ中卒業の廣田あいか 「歌うっていうことがなによりも一番好き」

音楽

エビ中卒業の廣田あいか 「歌うっていうことがなによりも一番好き」

廣田あいかはなぜ卒業を選んだのか
廣田あいかはなぜ卒業を選んだのか
Amazonより
『クイック・ジャパンvol.136』 千鳥

アイドルグループ「私立恵比寿中学」の廣田あいかが、年初の武道館公演をもってグループを“転校”(卒業)した。“エビ中”では昨年、メンバーの松野莉奈が急逝する悲しい事件があったが、そのことは卒業に影響を与えたのだろうか? 2018年2月24日発売の『クイック・ジャパン』vol.136で、廣田はこう語っている。

「1年前、自分の誕生日が1月31日なんで生誕祭(ソロ公演『ァィヵヮィィ』)を自分で作って。いつもエビ中のライブをプロデュースするときはファミリーが一番喜びそうなものを目指してたんですよ。でも、今回は自分が一番やりたいものだけ思って作ってみたんです。絶対賛否は出ると思うんだけど、『これが好きなんだ。自分がやりたいものはこれだから』っていま証明しないと、この先の将来が怖いなと思って。

そしたら、やっぱりすごい賛否があったんですよ。特にエビ中が好きで来てしまった方には一切合わない内容だってわかってたんで。そこで『いつかは離れなきゃいけない場所なんだな』って思いがちょっとよぎって。で、その直後に松野のことがあって、ホントに全身でそのできごとを感じたので、そう思ったらいまから動き出さなきゃいけないんだろうなって」

松野が亡くなったことで、「やりたいことをやらなきゃ」という思いを強く感じたという廣田。鉄道ファンとして、鉄道ネタのバラエティ番組への出演も多いが、彼女が“やりたいこと”は何なのか?

「歌うっていうことがなによりも一番好きなので、めちゃめちゃやりたいです。歌はいつか、お仕事でも趣味でも発信できる人にはなりたいなっていうのが目標としてあるので。とりあえず、いまは『そうやって生きるの楽しそうだね』って最近言われたり、『そういうふうに生きたいな』って言われるのが自分がやってて一番うれしいので、楽しんで生きたいなって思います」

グループを離れた現在は、「10代を最強にするために、とことん遊びに行こうと思って」いるそうで、卒業は廣田にとってベストのタイミングだったようだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.136(2018年2月24日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

雑誌カテゴリー

特集カテゴリー

ARCHIVE

人気の記事

TWITTER