太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 俳優・吉村界人「一番になりたい。スターになりたいです」

演劇

俳優・吉村界人「一番になりたい。スターになりたいです」

「スターになりたい」という夢は叶うのか
「スターになりたい」という夢は叶うのか
Amazonより
『クイック・ジャパンvol.136』 著:千鳥

今年デビュー5年目を迎えた吉村界人は、松田優作の妻・松田美由紀が代表を務める「オフィス作」のワークショップオーディションに合格し、活動をスタートさせた俳優。ここ2年ほどで一気に頭角を現してきた吉村は、なぜ役者を志したのか? 2018年2月24日発売の『クイック・ジャパン』vol.136で、吉村はこう語っている。

「映画が好きで、ショーン・コネリー、ジェームス・ディーン、ロバート・レッドフォードといった、銀幕のスターにあこがれたからです。実生活で魅力を感じる人がほとんどいなかったので、あこがれの人と同じ世界を目指しました。大学を辞めて実家に引きこもりみたいな生活をしていた20歳のころに、『このまま親に甘えていたら人生終わりだから、なんとかそこを打破しなければ』と思って、事務所のワークショップに参加しました」

そして俳優としてデビューし、2016年には主演作『太陽を掴め』が、東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門にノミネートされた吉村。表現することへの欲求は、留まることを知らないようだ。

「僕というTVに、4つくらいチャンネルがついている感じです。音楽、役者、絵、あとは友達とストーリーを考えることですね。『こんな話だったら面白くない?』って会話をしながらどんどん話を広げていって、持ち歩いてるノートパソコンに打ちこんでいく。それがなににつながるわけではないんですけど、そうやってストーリーを考える時間は楽しいです」

主演を務めた映画『サラバ静寂』が今年1月から公開された吉村だが、目指している将来はどのようなものなのか?

「一番になりたい。スターになりたいです。『朝ドラの誰々だ』じゃなくて、『吉村界人だ。』みたいな感じで、説明が要らない人になりたいですね。やるからには一等賞とらないと辞められないですね。いつも、『辞めてえなぁ』って思うんですけど」

近頃は優等生的な発言をする俳優が多いなか、野心を隠そうともしない姿勢が清々しい吉村。「辞めてぇなぁ」とは彼一流の美学だろうが、辞めたくても辞めさせてもらえないビッグな俳優になる日は、そう遠くはなさそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.136(2018年2月24日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事