太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 日本独自の食文化「おべんとう」がテーマの企画展『BENTO おべんとう展』

アート

日本独自の食文化「おべんとう」がテーマの企画展『BENTO おべんとう展』

テーマは「おべんとう」
テーマは「おべんとう」

7月21日(土)より、東京・上野の東京都美術館にて、「おべんとう」がテーマの企画展『BENTO おべんとう展-食べる・集う・つながるデザイン』が開催される。

学校や仕事場で食べるお弁当、遠足や旅行などで食べる行楽弁当、移動中に食べる駅弁や空弁など、お弁当の形態は様々だが、そこには作る人と食べる人との繋がり、誰かと一緒に食べるという繋がりが存在する。この展覧会は、日本独自の食文化であり、日本人の生活の中に深く根付いた「おべんとう」を、人と人をつなくコミュニケーション・デザインの視点から捉え、その魅力を体験しながら発見するものだ。

会場では、「おべんとう」から見えてくるコミュニケーション・デザインをテーマに、遊び心のある江戸時代のユニークなデザインのお弁当箱や、現代の作家たちのインスタレーション、参加型の作品などを展示。この分野の第一人者でもあるオランダ在住の“イーティング・デザイナー”マライエ・フォーゲルサングをはじめ、NHK番組『サラメシ』で有名な“お弁当ハンター”の写真家・阿部了、“発酵デザイナー”の小倉ヒラクらを始めとしたアーティストの作品が登場し、大人もファミリーも楽しめる参加体験型の展覧会となっている。

『BENTO おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン』は、2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝)まで、東京都美術館(台東区上野公園8-36 JR「上野駅」徒歩7分)にて開催。開室時間は9:30~17:30(金曜日は20:00まで。7月27日、8月3日、8月10日、8月17日、8月24日、8月31日は21:00まで)。休室日は月曜日、9月18日、9月25日(8月13日、9月17日、9月24日、10月1日、10月8日は開室)。観覧料は当日一般800円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事