太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 宮野真守 自己評価はなぜ100点満点中3点?

音楽

宮野真守 自己評価はなぜ100点満点中3点?

『Quick Japan』vol.138(太田出版)
『Quick Japan』vol.138(太田出版)

今や多くの声優が当たり前のように歌手として活躍しているが、そのなかでも早くから歌手としてデビューし、6月のツアーではさいたまスーパーアリーナを満員にした宮野真守。ライブでは、歌やダンス、コントに至るまで、すべてのコンセプトを彼が担当しているが、なぜそこまでクリエイティブでいられるのか? 2018年6月15日発売の『クイック・ジャパン』vol.138で、宮野はこのように語っている。

「最初はわけもわからず、無我夢中でやっていました。ただそれも、やっぱりキングレコードさんの導きがあったからこそできたことだと思います。素人だった僕が、プロのみなさんの力を借りて音楽でエンターテイメントをするにはどうすればいいんだろう?って、とにかく最初はがむしゃらでした。それでもみんな、素人の提案に対して鼻で笑うようなことはせずに、一生懸命に向き合ってくれた。だから最初のころはたくさん迷惑もかけたと思います」

自身の成長とともに、会場もライブハウス、ホール、日本武道館、横浜アリーナ、そしてさいたまスーパーアリーナと大きくなり、「戦い方も変わってきた」という宮野。人気声優として活躍する一方で音楽活動は10周年を迎え、洋画の吹き替え、ミュージカル挑戦、劇団☆新感線の舞台で主役と、まさに八面六臂の活躍ぶりだが、自己評価は恐ろしく低く、「100点満点中3点」だそうだ。

「点数にしてたとえるとどうしても低くなっちゃうんですよね。ゼロだったことを3にしただけでも『やった!』と思えるし、3になればそのあと100も目指せるわけじゃないですか。ゼロって、なにをかけてもずっとゼロのままですからね。3までくれば、突然の幸運に恵まれて高得点もたたき出す可能性もある。僕は運のいい人間ですから」

“運のいい”にあたるものが“出会い”で、そして出会いをどう生かすかが“実力”だと語る宮野。我々の目にはすでに満点に近い彼だが、現状を「3点」と語る欲張りな彼が今後、どれだけの活躍ぶりを見せてくれるのか、まだまだファンの楽しみは尽きなさそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.138(2018年6月15日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事