太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 野外フェス『TAICOCLUB』が12年の歴史に幕 主宰者が見据える「その先」

音楽

野外フェス『TAICOCLUB』が12年の歴史に幕 主宰者が見据える「その先」

『Quick Japan』vol.138(太田出版)
『Quick Japan』vol.138(太田出版)

2018年6月、野外ミュージックフェスティバル『TAICOCLUB』が、12年の歴史に終止符を打った。なぜフェスは惜しまれながらも終了することになったのか? 同フェスを日本有数の野外音楽フェスティバルへと育てたオーガナイザーの安澤太郎は、2018年6月15日発売の『クイック・ジャパン』vol.138で、こう語っている。

「確かに継続して欲しいという声はいただいていて。ぶっちゃけていうと、僕と分かれたメンバーがこれからも『こだまの森』で地域の方々とイベントを続けていくことになると思います。村側としてもそれは喜ばしいことだし、僕もそれはよかったなと思ってて。

ただ、僕としては村の若い子たちが『これからは自分たちでなにかやりたい』となるのが理想だったんですよね。実際は村に若者があまりいないというのもあるし、僕がもう少し投げかけていたらよかったのかもしれないけど、そこは12年間でなにもできなかったなって」

『TAICOCLUB』は、2006年に長野県木祖村こだまの森でスタートし、12年間にわたる歴史の中で、日本有数の野外音楽フェスへと成長した。その立役者である安澤は、この先、どんなことを企てているのか?

「今は『作る側』と『見る側』が完全に分かれているけど、実際は自分たちで全部できると思うんです。それこそ音楽イベントも自分たちで好きなアーティストを呼んじゃえばいいし、その開催地もライブハウスとかじゃなくていい。むしろ、今なにもないところに楽しめるものを作ったほうがいいし、それこそ『お客さんと演者』みたいな関係性を壊せるような場所がいいですよね。

今まではクリエイティブなことなんて全然できないと思ってた人が、そこに行くことで『自分にもなにかできるかも』と思えたりすることが、きっとこれからのボトムアップになると思う。自分はそのプラットフォーマーになっていきたいんです」

フェスのオーガナイザーではなく、もっと小規模の自主的なイベントを増やし、「そういう小さいことを重ねていった先に大規模なフェスとかをやれたら、きっと今のフェスとはまったく違う濃度のお客さんが集まるんじゃないかな」と、夢を語る安澤。『TAICOCLUB』というイベントは惜しまれつつも終止符を打ったが、まだまだ彼の周りでは面白いことが起きそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.138(2018年6月15日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事