太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > フランス発 女性の謎に満ちた器官の秘密を解き明かすライフスタイル・ブック

フランス発 女性の謎に満ちた器官の秘密を解き明かすライフスタイル・ブック

『クリトリス革命 ジェンダー先進国フランスから学ぶ「わたし」の生き方』 アレクサンドラ・ユバン、カロリーヌ・ミシェル著/永田千奈訳/太田出版
『クリトリス革命 ジェンダー先進国フランスから学ぶ「わたし」の生き方』 アレクサンドラ・ユバン、カロリーヌ・ミシェル著/永田千奈訳/太田出版

9月22日、太田出版より『クリトリス革命 ジェンダー先進国フランスから学ぶ「わたし」の生き方』(アレクサンドラ・ユバン、カロリーヌ・ミシェル・著 永田千奈・訳)が発売された。

この本は、最新の研究をもとに、複雑で謎に満ちた器官「クリトリス」の秘密を解き明かすライフスタイル・ブックだ。2018年現在、フランスでは、オープンに性を語る昼のテレビ番組が人気を博している。同書は、そんなフランスで活躍する性科学者と人気ブロガー&ジャーナリストがつづった1冊。「クリトリス派しか存在しない」「驚くべきクリトリスの秘密」「クリトリスと親密につきあうために」など、女性はもちろん、男性が読んでも性の価値観をアップデートできる書となっている。

著者は、性科学者のアレクサンドラ・ユバンと、人気ブロガー&ジャーナリストのカロリーヌ・ミシェルの2人。ユバンは2010年、ポジティブなセックス・ライフを提案する〈セクゾ・ポジティブ〉を創立。ベルギー・ブリュッセルのサン・リュック大学病院で臨床も行っている。フランス、ベルギーを拠点にTVコメンテーター、講演、執筆などの活動を通して、性科学の正しい知識を伝えつづけている人物だ。

一方のミシェルは、フリーランスのジャーナリストとして、心理、セックスのテーマを中心に女性誌に寄稿。セックスや妊娠をテーマにしたブログも人気を集めている。2015年には、ユバンと共著で『Je sexopositive!』(『ポジティブ・セックス』未訳)を刊行しており、本書はユバンとの2作目の共著となる。

読者からは、

「タブー視するからこそ、蔑視が行われるのではないか」
「自分の体のことなのに知らない事が多すぎる」
「むしろ世の男性よ、読んでほしい!なぜなら女性からはやはり言い出しにくいことだから」

といった声が寄せられている『クリトリス革命 ジェンダー先進国フランスから学ぶ「わたし」の生き方』は2018年9月22日、太田出版より発売。2000円+税。

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事