太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 「ガンダム」は6畳のアパートから生まれた 誕生を担った真夏の企画会議

アニメ

「ガンダム」は6畳のアパートから生まれた 誕生を担った真夏の企画会議

『CONTINUE Vol.55』より(イラスト・安彦良和)
『CONTINUE Vol.55』より(イラスト・安彦良和)
Amazonより
『CONTINUE Vol.55』 著:フリクリ

『機動戦士ガンダム』(以下「ガンダム」)と言えば、アニメ作品という枠を超え、1つのジャンルにまで昇華したアニメ界の金字塔的な作品。来年には誕生40周年を迎えるが、そもそも「ガンダム」はどのようにして生まれたのか? 「ガンダム」のアニメーションディレクターとキャラクターデザインを担当した安彦良和によれば、それは何の取っ掛かりもなくスタートしたものだったようだ。2018年9月22日発売の『CONTINUE Vol.55』で、安彦はこう振り返っている。

「日本サンライズのスタッフとして、フリーという立場だけどよく出入りしている奴だからってことで、『何か企画はないのか?』って集められたのが最初で。確か、8月頃の夏場ですごく暑い時期だったと記憶している。

当時サンライズが借りていた6畳くらいのアパートの1室に集まって、みんなで車座になって『何かないかなー』って言っているという、本当にそういう感じ。当時は、『宇宙海賊キャプテンハーロック』なんかで松本零士さんも元気にやっていた頃で、“男のロマン”もやられちゃったし、SFもひと昔前みたいには売れないし。

毎日放送にも、『サンダーバード』で当たったジェリー・アンダーソンの名前使って企画を出したんだけど足もと見られて。SFはあまり売れないってことも言われていた。そういうのって、一朝一夕で変わるから、ちょっと前には『SFないか』なんて言ってたのが少し時期が変わると『SFはいらない』とか言い出したりして。だから、すごく低調な会議だったのは間違いないね」

とにかくグダーっとしており、「アレもダメ、コレもダメ」という状況だったと語る安彦。しかし、そこで話しを一気に進めたのが富野由悠季だったという。

「(会議で)何か言って恥をかくの嫌だから、適当な思いつきなんか言わないよね。そんな中で、次の会議に富野(由悠季)氏が意見を出してきて。俺は『よくこんなものを書いたな』って感心したけど、よく見ると日付が書かれていて、2~3か月かけて書かれていてね、『そうか、前から書いていたのか』って。かなり後になってから気付いた。その富野案が出てからは、あとは早かった。対抗馬もないし、わけがわからないところがいいんじゃないかと。そういう感じで、そこから細かいところを詰めていった感じだったね」

安彦は、富野の企画を読んだ時、「何が面白かったのかと聞かれるとわからないんだけど、とにかく何だかよくわからないから面白い」と思ったのだそう。結果的に「ガンダム」は大ヒットし、未来へと語り継がれる作品となったが、その船出は決して順風満帆ではなかったようだ。

◆CONTINUE Vol.55(2018年9月22日発売)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事