太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 上柳昌彦が語るANNの伝説回 「新宿ワシントンホテル生放送」の内容

ケトル

上柳昌彦が語るANNの伝説回 「新宿ワシントンホテル生放送」の内容

『ケトル VOL.45』(オールナイトニッポン特集号)
『ケトル VOL.45』(オールナイトニッポン特集号)

1967年10月2日に始まったニッポン放送の『オールナイトニッポン』(ANN)は昨年50周年。2018年9月28日には、元ニッポン放送アナウンサーの上柳昌彦と、乃木坂46の新内眞衣による『ありがとう50周年! 上柳昌彦と新内眞衣のオールナイトニッポン ミュージックリクエスト』が放送された。上柳は1981年にニッポン放送に入社し、1983年から3年間、ANNの2部を担当したが、当時のANNはどんな雰囲気だったのか? 『ケトルVOL.45』の新内との対談で、上柳はこう語っている。

「昔は1部と2部でディレクターが一緒だったので、僕のことなんてほったらかしですよ。放送作家もいない。だから原稿を書いて、選曲して、編集してって全部を自分でまかなってました。その中でいろんなことを学びましたね。ゲストにインタビューするときは自分の声が被らないようにすると聴き取りやすいし、編集もしやすいとか」

今でこそANNのパーソナリティは芸人やミュージシャンばかりだが、当時は局アナがパーソナリティを務めることもあった時代。インターネットも携帯電話もなかった“古き良き時代”、上柳にとって忘れられない放送が、1983年に開業した新宿ワシントンホテルからの生放送だという。

「ホテルの宣伝のために上司から番組をやれと言われて、スタッフと一緒にスイートルームに入ったんですけれど、夜中の3時だから眠くてしょうがない。それで、ふと窓の外に目を向けると街の灯りが見えたので、『自宅で聴いている人は電気を点けたり消したりしてくれ』と言ったんです。そしたらパパッって反応があって。これは面白いと、『男性は1回、女性は2回』とか、いろんなことを質問しながら灯りの点滅で会話する放送をしたんです」

面白い放送をやったという確信があったものの、ニッポン放送に帰ると「何をやっているのか分からなかった」と言われてしまった上柳。しかし翌週の放送には、「私は和歌山でやってました」「博多にいたけれど、点滅させている家があった」と全国からたくさんのハガキが届き、「ラジオを聴いている人の頭の中に映像を呼び起こすことが、パーソナリティにとっていかに大事か」を学んだそうだ。

◆ケトルVOL.45(2018年10月12日発売)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事