太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > ザコシショウ 「俺のやることはTVでも配信でも変わらない」

お笑い

ザコシショウ 「俺のやることはTVでも配信でも変わらない」

クイック・ジャパンvol.141(太田出版)
クイック・ジャパンvol.141(太田出版)

TV業界のルールがうるさくなるなか、急激に注目を集めているのが配信バラエティ。『ドキュメンタル』や『戦闘車』(いずれもアマゾンプライム・ビデオ)など、地上波に劣らぬ制作費を投入する番組も現れているが、そこに出演する芸人たちは、地上波と配信のギャップをどう埋めているのか? 昨年配信された『ドキュメンタル』のシーズン5で優勝したハリウッドザコシショウは、2018年12月21日発売の『クイック・ジャパン』vol.141で、こう語っている。

「俺はTVと配信でスイッチを切り替えてるようなつもりはないです。TVでも、俺は現場ではスレスレのことをやっていて、それが地上波にはそぐわないからって編集されてるだけで。俺のやることは変わらないというかね。(『ドキュメンタル』の)シーズン5は大阪NSC11期の同期が多かったけど(たむらけんじ、陣内智則、ケンドーコバヤシなど)、あいつらもそこは同じじゃないですか? 表現できるボケの幅がちょっと広くなったくらいで、ウケたいって気持ちは変わらないから」

ザコシショウと言えば、『あらびき団』や『R-1ぐらんぷり』で遺憾なく怪物ぶりを発揮し、ファンのみならず関係者の評価も極めて高い芸人。そんな彼だけに、単独ライブではさらに一味違った芸が楽しめるようだ。

「ライブはお客さんがダイレクトに反応してくれるから楽しい、TVはルールがあるけどその中でやればいろんな人に知ってもらえる。俺は年1回の単独ライブでは、TVでは流せない、来てくれた人のためだけのネタをやるようにしてるんです。そういう気持ちがないと、『ドキュメンタル』で通用しなかったと思いますね。ちょっと危険な感じのネタを考えられないと、芸人は笑わせられないんですよ」

ザコシショウのエネルギッシュな姿勢はとどまるところを知らず、YouTubeの公式チャンネルには、凄まじい数の動画がアップされている。そんな彼が自由度の高い配信の番組を持ったら、どんなことがやりたいのか?

「自分で配信の番組を持つなら、今YouTube チャンネルでやってるようなことを、ディレクターさんに入ってもらって客観的に編集してもらったデラックスなのをやりたいですねぇ。もともと、ピンになった当初は人前でひとりで長くしゃべるのに自信がなかったんですけど、8年くらい前から自分で動画撮ってネットに上げるようになって、だんだんできるようになっていったんです。

実はそれも松本さんの『ひとりごっつ』に憧れてはじめたんですよ。30分番組の中に大喜利もあるし、コントもあるし、絵を使ったネタもある。そういうものを参考にして生まれたいいネタを『ドキュメンタル』に持っていけたんです。また『ドキュメンタル』のオファーがあったら、もちろん出ますよ。真のドキュメンタルは俺っすからね」

危険な芸風を世間に受け入れさせたザコシショウの芸は、他の誰かがマネしようと思ってもできないもの。TV、配信、ネット、ライブで蓄積した実力は、時代や環境が変わったぐらいではびくともしないようだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.141(2018年12月21日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

雑誌カテゴリー

特集カテゴリー

ARCHIVE

人気の記事

TWITTER