太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 脳卒中と後遺症 葛藤と失敗と発見の体験記『夫が脳で倒れたら』発売

脳卒中と後遺症 葛藤と失敗と発見の体験記『夫が脳で倒れたら』発売

『夫が脳で倒れた』(三澤慶子/太田出版)
『夫が脳で倒れた』(三澤慶子/太田出版)

夫を突然襲った脳卒中と、その後遺症についてつづった『夫が脳で倒れた』(三澤慶子/太田出版)が、4月25日に発売された。

この本は、働き盛りの夫が突然脳卒中に襲われ、半身の後遺症が残った体験を、妻の視点からつづったものだ。何の知識もなかった著者は、手探りで夫の復帰までを「戦う」ことに──

〈反論のしようもない夫には気の毒だし何も解決しないんだけれど、当事者だけがツラいんじゃなく私だってツラくなるんだってことを夫に分かってもらいたくなる。戦ってる夫を「サポートしてる」とか「見守ってる」って立場だと思っていると、行き場のないツラさが湧いてくる。でもそうじゃない。夫と「一緒になって戦ってる」ってことでもない。家族は家族でそれぞれの持ち場で「個人で戦ってる」ってこと〉(本文より)

葛藤、失敗、発見……当事者だけが辛いわけではなく、妻の視点からの「戦い」や「発見」をつづったドタバタ体験記となっている。

著者の三澤はライターで、SSコミュニケーションズ(現・株式会社KADOKAWA)にてエンタテインメント誌や金融情報誌などの雑誌編集に携わった後、映像製作会社を経てフリーランスに。映画『ココニイルコト』『夜のピクニック』『天国はまだ遠く』などの脚本を手がけた。右半身に麻痺を負った夫の仕事復帰の際、片手で出し入れできるビジネスリュックが見つけられなかったことから、片手仕様リュック「TOKYO BACKTOTE」 を自ら考案し、クラウドファンディングの成功により、制作を実現させた。

同書は全6章で構成されており、発症、麻痺の悪化、セカンドオピニオン、リハビリテーション病院選び、リハビリの試行錯誤、新たな病気の発症、仕事復帰など、貴重な経験が記されており、エピローグとして夫へのインタビューも収録。『夫が脳で倒れた』(三澤慶子/太田出版)は2019年4月25日発売。1600円+税。


おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事