太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > SM雑誌戦国時代を牽引した『S&Mスナイパー』 時代のニーズにマッチした編集方針

読書・読み物

SM雑誌戦国時代を牽引した『S&Mスナイパー』 時代のニーズにマッチした編集方針

『日本エロ全史』(安田理央/太田出版)より
『日本エロ全史』(安田理央/太田出版)より
Amazonより
『日本エロ本全史』 安田理央

今年1月、大手コンビニエンスストアが8月いっぱいで成人雑誌の取り扱いを止めることを相次いで発表。あと半月ほどで“エロ本”がコンビニから消える。そこで、風前の灯となったエロ本への感謝と惜別の意を込めて、アダルトメディア研究家の安田理央氏が上梓したのが、7月2日に発売された『日本エロ本全史』だ。

同書は1946年から2018年まで、日本のアダルト誌の歴史を創刊号でたどったもの。日本最大級のアダルト誌コレクターである安田氏が、自身のアダルト誌創刊号コレクションから、エポックメイキングな雑誌100冊をピックアップし、オールカラーで紹介している。風前の灯となったエロ本への感謝と惜別の意を込めて、同書から1979年創刊の『S&Mスナイパー』を紹介しよう。

1970年代はエロ雑誌のマニア化・細分化が進み、SM雑誌も活性化。1970年に創刊した『SMセレクト』が、大胆な緊縛カラーグラビアを掲載するなどエロ本的な編集方針を持ち込み、最盛期は15万部を超える大ヒット雑誌となると、『SMセレクト』に続けとばかりに、『SMファン』(司書房)、『S&Mコレクター』(サン出版)、『SMキング』、『S&Mスナイパー』(ミリオン出版)など、10誌以上が鎬を削るSM雑誌戦国時代が80年代まで続いた。

 * * *
『SMセレクト』から始まる70年代SM誌創刊ラッシュの後発として参入するも、独自のスタンスを築き、以降のSM雑誌をリードしていったのが『S&Mスナイパー』である。

それまでのSM雑誌が共通して持っていた湿った土着的なムードから抜け出し、スタイリッシュなビジュアルセンスとサブカルチャー寄りの編集方針を打ち出したのが、当時の読者のニーズにマッチしたのだろう。時代は80年代を迎えようとしていたのだ。多くの読者にとってフィクションの世界でしかなかったSMをノンフィクション、つまり実際にプレイするものという姿勢を示したのも時代にあっていた。

創刊号では、まだ従来のSM雑誌のフォーマットを一部に残してはいるものの、大西洋介のイラストレーションによる表紙や、ポップでモダンな奥平イラのイラスト口絵、生活感あふれるリアルさを感じさせる荒木経惟撮影のモノクログラビアなどが、十分に新しさを感じさせてくれる。

2008年に休刊するまで、29年という長い歴史を持つ雑誌となった。現在は、WEBマガジン版の『WEBスナイパー』(2007年スタート)が引き継いだ形となっている。本誌も2016年に一度復活しているが単発に終わったようだ。ちなみに定期刊行のSM雑誌としては1982年に創刊し、2019年まで続いた『SMマニア』(三和出版、マイウェイ出版)が36年で最長の雑誌となる。

 * * *
同誌では、“アラーキー”こと荒木経惟が、創刊号から休刊号まで緊縛グラビアを続けたほか、映画、本、音楽など、SMにこだわらないレビューもふんだんに掲載。SM雑誌が乱立したというのもスゴいが、その内容も一筋縄ではいかないものだったようだ。

『日本エロ本全史』(安田理央・著/太田出版)は2019年7月2日発売。3700円+税。

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

雑誌カテゴリー

特集カテゴリー

ARCHIVE

人気の記事

TWITTER