太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > ZOZO前澤氏が123億円で落札した作品も登場 『バスキア展』

アート

ZOZO前澤氏が123億円で落札した作品も登場 『バスキア展』

六本木ヒルズにて開催
六本木ヒルズにて開催

9月21日(土)より、東京・六本木の「森アーツセンターギャラリー」にて、20世紀美術最大の巨匠の一人、ジャン・ミシェル・バスキアの展覧会『バスキア展 メイド・イン・ジャパン』が開催される。

バスキアは1960年、ニューヨークのブルックリンで、ハイチ出身の父とプエルトリコ出身の母の間に誕生。10代の頃からニューヨークのストリートでのスプレーペインティングで腕を磨くと、瞬く間に話題の存在となり、アンディ・ウォーホル、キース・ヘリングなど、当時を象徴するアーティストと交流を深めたが、1988年に27歳で悲劇的な死を遂げた。

旺盛な創作意欲の持ち主だったバスキアは、10年あまりの活動期間で2000点を超すドローイングと1000点以上の絵画作品を残し、死後に名声は益々上昇。『ZOZOTOWN』の前澤友作氏が2017年、バスキアの作品を約123億円で落札したことでも大きな話題となった。

日本で初の大規模展となる今回は、上述の前澤氏所有の作品や、初公開のプライベートコレクションを含む約130点が登場。絵画やドローイングのほか、立体作品や映像作品も紹介される。さらに、頻繁に日本を訪れ、日本からの影響を受けて制作した作品も展示。バスキアと日本との関係にも迫る

『バスキア展 メイド・イン・ジャパン』は、2019年9月21日(土)~11月17日(日)まで、森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)にて開催。開館時間は10:00~20:00 (9月25日、9月26日、10月21日は17:00閉館)。休館日は9月24日。観覧料金は当日一般2100円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

雑誌カテゴリー

特集カテゴリー

ARCHIVE

人気の記事

TWITTER