クイック・ジャパンvol.119 side-S のコンテンツ

119号 side-S紹介「佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)」

2015.4.10 | 2015.7.22 updated

sasakiayaka
sasakiayaka

全力特集
佐々木彩夏
(ももいろクローバーZ )

On The Border

「海も山もそんなに好きじゃない。自然よりも
“人が造った場所”のほうが好きなのかも知れないな、私」
今回の特集は、彼女のそんなひと言から動きはじめた。
人が造りし芸術の都・パリを振り出しに、
思うがままに歩いた卒業旅行。
その足は国境を越え、ロックの聖地・ロンドンまで。
道中で見たもの感じたものはすべて、
奇遇にも彼女自身のルーツへと繋がっていく。
底知れぬポテンシャルと抜群のステージ度胸で、
どんなピンチも笑顔で乗り越えてきた“グループ最年少メンバー”。
そんな彼女もいま、18歳から19歳になろうとしている。
学生生活の終わりと、社会人生活の始まり。
なりたい自分と、求められる自分。
強い自分と、強がる自分。
等身大の自分と、誇張した自分。その両者を繋ぐ自分─。
彼女のいまを構成するリアルを拾い集め、
それらを丹念に積み上げていくことで見えてきたもの。
それは、私という存在をめぐる様々な“境界線”が
交差する場所に立つ、彼女の姿だった。
She is on the border.
彼女の名は、佐々木彩夏。

◆Special photo vol.1 佐々木彩夏 ひとりきりの卒業旅行 Paris-London
◆20,000字インタビュー 国境を越えながら語り尽くした、この「1年」と「いま」の自分。
◆長期密着ドキュメント 「新たなスタートライン」
◆Special photo vol.2 さよなら、制服。
◆対談 石川ゆみ(振付師)×佐々木彩夏 「たぶん彩夏は私の後継者なんだと思う」
◆佐々木彩夏 精神鑑定報告書
◆大好きな4人のお姉さんのこと。