クイック・ジャパンvol.127 のコンテンツ

127号紹介「NGT48」

2016.8.18 | 2016.9.15 updated

クイック・ジャパン127号紹介「NGT48」

第2特集
NGT48
「この街で、アイドル」

いま、NGT48を取り上げようと思う。

新潟という地方都市を拠点とし、メジャーデビューもしていないNGT48を取り上げる理由、それは、新しい「アイドルの役割」を彼女たちが切り開こうとしているように感じるからだ。

NGT48は国内5番目のAKB48グループとして2015年8月新潟に誕生。AKB48の活動10周年を迎える年に生まれたのが彼女たち。アイドルを取り巻く状況が変わる中、100万人に満たない街での活動を心配する声もあったものの、彼女たちは着実に地元・新潟とともに歩みはじめている。

また、6月に新潟はAKB48選抜総選挙の舞台にもなった。のべ6万人のファンが日本中からこの街を訪れ、経済効果は15億超。街を上げての受け入れ体制が整えられた。

今回は、そうしたデータや大文字の言葉から一歩踏み込んで、新潟の街で実際に起こっていることをレポートする。

この街で、アイドルができることとはなんなのか?

この街で、アイドルでいるとはどういうことなのか?

彼女たちと、それを取り巻くさままざな声を拾い上げて考えようと思う。

全30ページの総力特集。


◆北原里英グラビア&インタビュー
「新潟の女」になる。

◆加藤美南インタビュー
私の役割はセンターに立つこと

◆荻野由佳×中井りか
総選挙を越え踏み出した一歩

◆NGT48全26名アンケート
メンバーにとってのNGT48

◆今村悦朗インタビュー
NGT48劇場支配人激動の1年!

◆篠田昭新潟市長インタビュー
新潟市と、NGT48

◆レギュラー番組スタッフが語るこの街と、NGT48
もじゃ(FM-NIIGATA)、関谷“ARARE”明子(FM PORT)、石塚かおり(新潟放送)

◆現地レポート「新潟のそれから」

◆街頭インタビュー
新潟市で聞いたNGT48