クイック・ジャパンvol.133 のコンテンツ

133号紹介「大原櫻子」

2017.8.15 | 2017.8.18 updated

qj133_sakurako1_R.jpg

qj133_sakurako2_R.jpg

【表紙・30ページ特集】
大原櫻子
全部、私

女優として、歌手として、多方面で活躍する大原櫻子。多くのファンを魅了する歌声と彼女の可愛さが存分に伝わる確かな演技。その華奢な身体からは想像できないほどのバイタリティは日々増すばかりで止まることを知らない。

女優としては2013年『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロインとして映画デビューしたのち、様々な作品に出演。歌手としては2015年に『紅白歌合戦』のトップバッターを務め、翌年には日本武道館を含むツアーで4.6万人を動員。今年は初の主演舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』にも挑戦。また卒業を来年に控えた大学4年生でもある。

本当の大原櫻子はどこにあるのか。それを知るため取材ははじまった。しかし、現場ごとに見せる彼女の表情は多種多様。アプローチも異なる。向かうべき方向を見定めて、まず行動する。そうやってしなやかに演技と音楽の現場を渡り歩いてきた。さらに大原はどんどん変わっていく。仕事に取り組む中で魅力的な人々と出会い、徹底的に吸収していく。そのすべてを自分、と大原は言う。

彼女によると、グラビアは最も素の自分に近い。歌はテンション高く自分を前面に押し出す。芝居は黙って考える。こうした3つの大原を中心に特集を構成した。

日々変わっていく彼女の足取りをたどったとき、あなたに大原櫻子はどのように見えますか?

スペシャル付録には、A3サイズの大原櫻子「ときめきポスター」も。

<contents>

◆SPECIAL PHOTO
さくのみちくさ
撮影:川島小鳥

◆密着レポート
「いいものを作る」が原点

◆人生グラフで振り返る
大原櫻子ヒストリー

◆関係者コメント
素顔の大原櫻子へ
家入レオ/藤原さくら/門脇麦/城田優/鬼龍院翔/秦基博/YWKI/マネージャー

◆インタビュー
目の前にあることを、精一杯。

◆特別付録
大原櫻子ときめきポスター
(A3サイズ)