没頭力

こんな悩みはありませんか?

  • 【うっすらとした不安感や絶望感】1.引きこもり気味だ。/2.自分の環境は幸せなはずなのに、絶望感がときどき襲ってくる。/3.「昔は楽しかった」が口ぐせになりつつある。/4.何もせず、SNSを見たりして、1日を無駄に過ごしてしまうことがある。→うっすらとした不安感の原因は「自由な時間」の使い方にあります。「没頭」することで、脱出への第一歩を踏み出せます。
  • 【集中力が続かない、やる気が出ない】1.勉強や仕事など、やるべきことはたくさんあるのに集中できない。/2.やれと言われると、やる気が出ない。/3.趣味がない。見つからない。/4.モチベーションがちょっとした事で下がってしまう。→「没頭」する技術を身につけると勉強や仕事にすぐ集中でき、モチベーションをコントロールできるようになります。

誰でも簡単に身につけることのできる
「没頭力」、教えます!

東京堂神田神保町店【週間ベストセラー第1位】(2018/2/27) 渋谷大盛堂書店【ランキング第1位】(2018/3/13) 明正堂書店アトレ上野店【ビジネス書ランキング第1位】(2018/3/11~17)
『CONTINUE Vol.52』
『没頭力
「なんかつまらない」を解決する技術
ニッポン放送アナウンサー 吉田尚記
価格:1,111円+税
発売:2018年2月24日
ISBN: 978-4-7783-1599-3
全国書店&通販サイトで絶賛発売中!
本を購入する Amazon.co.jp お試し読み Yondemill.jp

本書の特徴

★最もやさしい「心理学書」

心理学者マーティン・セリグマンが解く『ポジティブ心理学』では、「幸せの三大要素」として「快楽」「意味」「没頭」 を提唱しています。本書ではこのうち「没頭」を焦点にあて、具体的な場面で誰でもすぐに使える「技術」をやさしく解説しています。

★直感的でわかりやすい「言葉」

著者がラジオのアナウンサーなので、心理学の難しい専門用語ではなく、会話しているときのような直感的にわかる「言葉」で書かれています。だから、すぐに理解し実践することができます。

★専門家に聞いて導き出した、確かな「技術書」

精神科医のほか「没頭」の達人たちととことん突き詰めた結果、より確かな「没頭するための技術」を一冊にまとめることができました。

  • 倉本美津留さん(放送作家)
  • 斎藤環さん(精神科医)
  • 原井宏明さん(精神科医)
  • 桜井政博さん(ゲームクリエーター)
  • 石川善樹さん(予防医学者)

反響レビュー続々到着中!

  • 4月から新高校生になります。
    しかし、「地元の人はもっと勉強しているぞ」「高校になったらもっと大変になるぞ」と先生方にプレッシャーをかけられ、今の学校生活がつまらないなと思うようになりました。
    そんなときにこの本に偶然出会いました。本当に良かったです。
    今から私は人生を上機嫌にすごしていけそうです。人生1度きりの高校生活楽しみます!!

    (広島県/学生/10代女性)

  • わかりやすい
    ・普段から物事をわかりやすく伝えるアナウンサーこそのまとめ方
    ・元が時間制限のあるニコ生なので各章がギュッとまとまってる
    ・心理学研究がベースなので客観的に見て公正」
    読みやすい
    ・元が放送なので読んでいても会話をしている感覚
    ・文字が大きく、余白も多いので初心者にもオススメ
    ・各章各項目が短くまとまっていて『要は何?』となることがない」
    だから…面白い!!感謝!!最高!!

    (愛知県/学生/20代男性)

  • 本を開いて、手紙を書くまで間を置かずに手を動かしつづけました。これをポストに出したら、外の夕日も少し鮮やかに見えるかもしれません。自分にとっての、4%のチャレンジ達成です。
    自分にとって意味のあることにつきあたるまで、またすすんでいきます。

    (東京都/会社員/20代男性)

  • すべての人を幸運に導く良書である。

    (神奈川県/80代男性)

  • 自己啓発系読んでみよ的な軽いノリで選んだけど収穫が多かった。新しい環境になる前に読んでほしさ強い

    (大阪府/学生/10代男性)

  • 就職活動中の大学4年生です。
    履歴書をキャリア支援センターで添削してもらった際、趣味欄に“字を書くこと”、“読書”、“ゲーム”、“勉強”など自分が没頭できることを書いたのですが、否定されてしまい、私の中でとても大切なものだったのですごくショックでした。
    しかし、本書の“2万ユニットのポジティブで人生埋めつくす”という点がとてもすてきで、ずっと抱えていたもやもやが晴れました。すごくうれしかったです。
    自分を変えたいと考えていたときにこの本と出会えてよかった

    (埼玉県/学生/20代女性)

  • プログラミングに前向きになりました。
    以前からマクロとか触っていたのですが、「いまさら上級者には絶対かなわないよな…」と一歩引いて接していました。でも人より優れることが目的じゃなくて、ただ自分が上機嫌に過ごすためにやっていいなら、と考えて、最近は極力他の仕事をチャッチャと終わらせてVBAやGASを書いています。これがやるたびどんどん楽しくなってきて、週末までが短く感じられるようになりました。感謝。

    (東京都/会社員/20代男性)

ハッシュタグ #没頭力 をつけて
感想をツイートする Twitter.com

「没頭」のコツをちょっとだけ紹介!

  • 【「没頭」するための条件】ゴールとルールがはっきりしていて、フィードバックが早いこと。/目の前のことに100%集中していること。/無意識に体を動かしていること。/自分というものをなくしていること。/時間の感覚がなくなっていること。/その場の状況を自分でコントロールできていること。/その行動自体が目的になっていること。/自分の持っているスキルと課題のバランスが取れていること。
  • 【「没頭」する技術】楽しいと思ったことを書き出してみる。/まずは手を動かす=行動すること。/挑戦になっているかどうか確認する。/不可能な挑戦をできそうな挑戦に変える。/自分がいつモチベーションが上がるかモニタリングする。/適度なストレスをかける。

「何かを成し遂げたい人、現状に満足できてない人に読んでほしい。新しい自分を手に入れるために。」里崎智也(元・千葉ロッテマリーンズ)

東京堂神田神保町店【週間ベストセラー第1位】(2018/2/27) 渋谷大盛堂書店【ランキング第1位】(2018/3/13) 明正堂書店アトレ上野店【ビジネス書ランキング第1位】(2018/3/11~17)
『CONTINUE Vol.52』
『没頭力
「なんかつまらない」を解決する技術
ニッポン放送アナウンサー 吉田尚記
価格:1,111円+税
発売:2018年2月24日
ISBN: 978-4-7783-1599-3
全国書店&通販サイトで絶賛発売中!
本を購入する Amazon.co.jp お試し読み Yondemill.jp

スペシャル企画

吉田尚記さんによる「書店配信」
三省堂書店神保町店で開催!

「昔からやってみたかったこと、公認もらってやります!」

自他ともに認めるニッポン放送きっての“オタク”アナウンサー・よっぴーこと吉田尚記さんがその豊富なインプットから、サブカル書売場に並ぶ多種多様な本を紹介していきます。表紙を見るだけではわからなくても、誰かが勧めた途端にその本が輝いてみえる。予期せぬ嬉しい出会いがあること間違いなし!

ゲストには、元エンタメ誌記者、“江戸のお仕事小説”『大奥づとめ』(新潮社)の作家・永井紗耶子さんをお迎えします。

お二人の書籍を当日ご購入いただいた方には、その場で直筆サイン予定!(混雑によってはご希望に添えない場合がございます)

新刊刊行記念
しみけん×吉田尚記トーク&サイン会レポート

多くの人が行き交い、賑わう有楽町の街。2018年5月末、駅前の東京交通会館3階「ジュン喫茶室」では、なんとも異色なイベントが開催された。“1万人の女性を抱いた男優”しみけんと、“元コミュ障のオタク没頭アナウンサー”吉田尚記によるトークショーだ。満員の会場は、ふたりの話に終始抱腹絶倒! エロからAI、シンギュラリティまで、なぜこれほど話を繰り広げられるのか。掲載できない内容を大幅にカットし(笑)、会場中が「没頭」したトーク、どうぞご覧ください!

刊行記念イベント“落語de「没頭力」”
ムービー

東京堂書店神田神保町店で行われた刊行記念イベントの様子を一部、動画で公開中です。吉田尚記アナがまさに没頭中の“落語”で、本書「没頭力」について解説します。

※創作落語「没頭力」は今後も(できる限り)全国で開催予定です。
寄席開催をご希望される書店さま、またはスペースをお貸しくださるサポーターの皆さまは
太田出版(03-3359-6262)までご連絡下さい。

メディアで紹介されました

お知らせ

プロフィール


よしだ・ひさのり
吉田尚記

一九七五年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。第四九回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞(二〇一二年)。「マンガ大賞」発起人。『ミュ?コミ+プラス』(ニッポン放送)、『エージェントHaZAP』(BSフジ)などのパーソナリティを務める。マンガ、アニメ、アイドル、デジタル関係に精通し、二〇一七年には自ら新型ラジオ「Hint」のクラウドファンディングを三〇〇〇万円以上集めて成功させた。著書『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)が累計一三万部(電子書籍を含む)を超えるベストセラーに。近著に『どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた』(石川善樹氏との共著/KADOKAWA刊)、『コミュ障で損しない方法38』(日本文芸社)がある。マンガ、アニメ、アイドル、落語、デジタルガジェットなど、多彩なジャンルに精通しており、年間一〇〇本におよぶアニメやアイドルのイベントの司会を担当する。

お問い合わせ

株式会社 太田出版

〒160-8571
東京都新宿区愛住町22 第3山田ビル4F

Tel: 03-3359-6262

Fax: 03-3359-0040

『CONTINUE Vol.52』
『没頭力
「なんかつまらない」を解決する技術
ニッポン放送アナウンサー 吉田尚記
価格:1,111円+税
発売:2018年2月24日
ISBN: 978-4-7783-1599-3
全国書店&通販サイトで絶賛発売中!
本を購入する Amazon.co.jp お試し読み Yondemill.jp