上間陽子『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち

それは、「かわいそう」でも、「たくましい」でもない。この本に登場する女性たちは、それぞれの人生のなかの、わずかな、どうしようもない選択肢のなかから、必死で最善を選んでいる。それは私たち他人にとっては、不利な道を自分で選んでいるようにしか見えないかもしれない。上間陽子は診断しない。ただ話を聞く。今度は、私たちが上間陽子の話を聞く番だ。
この街の、この国の夜は、こんなに暗い。

岸政彦(社会学者)

Amazonで『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』を購入

裸足で逃げる
沖縄の夜の街の少女たち

著: 上間陽子
表紙写真: 岡本尚文(『沖縄02 アメリカの夜』より)
搬入発売: 2017年1月31日
仕様: 四六判仮フランス装
予価: 1,700円+税
ISBN: 978-4-7783-1560-3
*ご予約は全国書店&電子書店にて受付中

本を予約する<Amazon>

本書への反響

COMING SOON

お寄せいただいたご感想を掲載予定です。

お問い合わせ

書店員のみなさまへ

上間陽子『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』のゲラをお読みいただける書店員様を募集しています。ご希望の方は、太田出版営業部(Tel: 03-3359-6262)までご連絡ください。いただいたご感想は、当サイトでご紹介させていただきます。

メディアのみなさまへ

上間陽子さんへの取材依頼など、その他お問い合わせは担当編集・柴山shibayama@ohtabooks.com )までご連絡ください。

株式会社 太田出版

〒160‐8571
東京都新宿区愛住町22 第3山田ビル4F

Tel: 03-3359-6262 Fax: 03-3359-0040

編集担当:柴山
shibayama@ohtabooks.com

営業担当:森
Tel: 03-3359-6262


著者プロフィール

上間陽子(うえまようこ)

一九七二年、沖縄県生まれ。琉球大学教育学部研究科教授。専攻は教育学、生活指導の観点から主に非行少年少女の問題を研究。一九九〇年代後半から二〇一四年にかけて東京で、以降は沖縄で未成年の少女たちの調査・支援に携わる。共著に『若者と貧困』(明石書店)。本書が初めての単著となる。